園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

めんどうな液肥の交換 楽ちんにする横着な方法

2015.08.18.Tue
 水耕栽培の液肥の追加は、とっても簡単。まず、ゴミ箱の容器、これに液肥が入ってます。
ゴミ箱で水耕栽培しているトマト

その上の部分にある茶色のが鉢皿でして。これに穴を開けて、さらに穴鉢という小さいザルのようなものに苗をセットしておるわけなんですが、この鉢皿をひょいと持ち上げると、すき間ができもんですから、ここから液肥を注げばいいのです。いいですねえ、簡単で。
ゴミ箱の上の蓋部分をどけて液肥を入れます

ところが、その液肥をぜーーんぶ交換せねばならんことがあるんですなあ。たとえば、液肥がにごっていたり、植物の根が傷んじゃったとき。まめに液肥を全部取り替えていれば、こういうトラブルも少なくてすむのでしょうが、めんどくさくてついついおさぼりしてしまうわけですよ。

それというのも、液肥を全部取り替えるためには、支柱を支えている紐をどけなくちゃならん。あーもう、ここでまずくじけます。トマトなどは背が高くてそのままでは倒れてしまいますから、片手でまず苗を支え、もう片方の手で鉢皿をどけて…って、もうこのあたりで苗がぐにゃ~んと折れ曲がってくるし。もうね、汗だく。あ~、それを考えただけで液肥の交換がいやになっちゃう。

そこで、めんどくさがり屋のわたくしは考えましたあ。紐をほどかずとも液肥が交換できるおさぼり方法を。
はい、こんな感じでどうでしょう。
150817_ekihi02.jpg

鉢皿をちょっとずらして、そのまま横倒しにすればよいのだなあ。その下にバケツをおけば古い液肥を受け止めることができますもんね。ほほほ。あーこれで長い間苦手だった液肥の交換が楽になりましたわい♪

むむっ、でも栽培容器が大きな発泡スチロールの箱の場合はどーしたもんですかねえ…。
発泡スチロールの箱で水耕栽培しているナス
トマトのとなりは、ナスのカプリスであります。縦横1メートル以上はありましょうか。こやつだけは、ぜったいに液肥交換なんてしたくございません。どうかどうか、きれいな液肥でいておくんなさいましよーっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

2015-08-18.Tue 21:03
ブログのデザインが爽やかな雰囲気で素敵です!
暑い夜にアクセスして良かった(笑)

私は相変わらず、液肥を全交換の時は、石油ストーブに使うポンプなんかを使ってますが、面倒なので、本当にヤバい時しかやらなくなっちゃった。(^-^; ダメですねぇww

水耕栽培の支柱問題は、かなり前から、私も悩みっぱなしです。
出来るだけ液肥層と地上部を分離させたいな〜とは思うのですが、
暴風のときの耐久性とか、大株になるもののバランスの問題とか、いろいろと難しいですよね。

そんな事より、カプリスが巨大ですねぇ!!! 逞しいなぁ。
少し涼しくなって来てますから、この調子で、美味しい秋ナスに突入してくれると良いですね(*^-^*) カプリスも美味しいよねーー♥
URL|Naomi #-[ 編集]

Naomi さんへ

2015-08-19.Wed 17:22
おお、Naomiさま、この暑い夜にもかかわらずお越し頂きありがとうございます。麦茶もおだしせず、失礼いたしました。

ブログの模様替えは楽でいいなあ、とつくづく思います。私の部屋の模様替えはおろか、自分の服さえもてきとーなままの昨今ですから(笑)

あ、灯油のポンプ。なるほど! 1本100円ぐらいで手に入りますもんね。うんうん、あれなら容器を傾けなくてもよさそうです。よおし、冬になったら買ってこよーっと。ありがとうございます。

おかげさまで、ナスはだいぶ元気になりました。特に弱っていたロッサビアンコがよいです。
Naomiさんから教えていただいたアイデア、夜の液肥追加と保冷剤が功を奏したにちがいありません。

なお、近頃では私にも保冷剤をくっつけて涼んでおるしだいです(笑)
URLともこ #VgdABggw[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック