園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

種から栽培のトマト:きびしいぞ秋の陣

2015.08.29.Sat
 夏にひとしきり実がなったトマト。その脇芽が伸びて育っている株(土栽培)があります。品種は、Mr.浅野のけっさくです。あわよくば、秋にもう一踏ん張り実をならせてほしいもんだと期待しております。

まだ少し暑さが残っている頃、その脇芽株に実がなりました。(撮影:8/24)
Mr.浅野のけっさく 脇芽の一段めに赤い実
このたびも変わらず、甘く美味しい実♪

幸先がいいわい、と喜んでましたんですが、なんかどうも様子が変です。花は咲いているけれど。(8/24)
まだ暑い頃(8/24)の脇芽株の花芽 

その花がとっくに散っているにもかかわらず、実が大きくならんのだなあ。
Mr.浅野のけっさく 脇芽にできたちいさすぎる実
3ミリ程度の点みたいな大きさのまま。

このまま撃沈するのかと思いきや、数日後のぞいてみたら若干大きくなってる実を発見。(8/29)
脇芽株にも若干の実あり
ほほう、さては暑い最中にはバテて実の生長がとまっていたけど、このところの涼しさでまた伸び出したのかもしれません。

しかーし、まばらな着果っぷりっ。
脇芽株 まばらな結実

そうえいば、なんとなく弱々しい立ち姿なんだなあ。下半身はこんなですし。
脇芽株の下部

上半身も、枝葉が小さくてひょろなが。
脇芽株の上部

こんな現象は脇芽の株だからかと思いきや、6月にのんびり種まきした同じ品種の株(水耕栽培)もやっぱり同じくほっそり君。
6月に種まきしたMr.浅野のけっさく ひょろひょろ

種まき株の実も、しばらく小粒のままでしたが、すこーし大きくはなったようです。
種まきした株の実
うーん、むずかしい。夏から秋へ変わるこのあたりというのは、トマトがうまく育ちにくいのかもしれないなあ。

この夏、最も枝葉を伸ばし、おいしい実をつけたトマトの「Mr.浅野のけっさく」さんといえども、季節の変わり目はキビシイみたい。
いやはや、勉強になりましたわい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

トマトの近況。

2015-08-30.Sun 20:43
気候の変わり目なんでしょうか、当方のトマト(行灯仕立て鉢)も再び着果が本格化してきました。

前週、サビダニ駆除の為に、6鉢(6品種)に農薬:アファームを散布しました。散布前に実を全て収穫した結果、撤退予定のピッコラカナリアが復活しています。
一方、ピッコラルージュが一向に美味しくならず、酸味が増してきました。お子たちに拒否されてしまいました(汗)
花も咲かず食味も不味くなる一方のピッコラルージュを撤収して空いたスペースにキュウリ鉢を置く予定です。

花落ちしたアロイトマトの花粉菅を開いてみたら花粉がありません。受粉した花はガク片が開いていきますが、ガク片が開いていかない花は受粉していませんので落花します。

今日の作業は、アロイトマトとホームステッド、ピッコラカナリアへのトマトトーンの筆塗りでした。アロイトマトは15個ほど収穫しており採種済みです。
ホームステッドも採種済みです。ピッコラカナリアは後50個ほど収穫して終了かな。ホームステッドは開花も少しで調子が良くないですね。葉っぱがサビサビです。
アロイトマトは樹全体の葉が丸まってきたのでEC値を1,2→0,7に下げています。いま、窒素は30ppmですが葉の丸まりが治まってきたら、150ppmにまで徐々に上げていく予定です。
養液成分の調合変更で実が成長したり、花が咲き出したりするのですからトマトって分かり易い性格なのですね。

シュガーランプは鉢を床に落として根元から30センチの部分の維管束を8割方破断しまって萎れてしまったので撤収済みです(泣き)
シュガーランプは水切り栽培すれば粒の小さい甘いトマトができます。薄皮で食味もいいし来年も作ろうかなあ。

レッドオーレは調子が良いです。美味しい実の収穫が続いています。
URL|osa #mQop/nM.[ 編集]

osa さんへ:養液成分とトマトの生長の関係がおもしろいです

2015-09-04.Fri 11:23
トマトが着果なさったのでしたか。上手に育てると秋には復活するとなると、こりゃあ、ずいぶんながーくたのしめる野菜だったんですね。
そのためには、農薬の散布、受粉のお手伝い、養液成分のチェックがポイントでしたか。あ、採種も忘れずに、ですね。ふむふむ、メモしておこーっと!(笑)

osaさんのトマトのご様子がわかって、ありがたいです。種袋には、実の特徴が書かれていても、育っていく様子や対策まではのってませんものね。

それにしても、鉢を落とした事件とか、酸味が増すとお子さまがたがお召しあがりにならない正直さんなご様子。むむ~、osaさんのお顔にザーザーの線がはいっておられた、と想像(笑)

秋もまだまだトマトなたのしいお時間を過ごせそうですね。実り豊か、ってこういうのなんだなあ、としみじみしております。
URLともこ #VgdABggw[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック