園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

種から栽培のキュウリ:千成(せんなり)の収穫サイズはいかに

2015.08.30.Sun
 ミニキュウリの千成、それとF1多福四葉(たふくすうよう)の花が、中間から上の方へと咲き進んできました。種まきは、7月20日。(撮影:8/30)
キュウリの花盛り地点が上部に上がってきた

ミニキュウリの千成は、ほとんどが雌花で、花と同時に根元には小さい実がつんつん。
キュウリの千成 つらなる実

密集地帯発見。4本がひしめいておる。
キュウリの千成 実が密集している

先日、2個目の実を収穫。しまった、大きくなりすぎだったかも。(8/28)
8/24 収穫したキュウリの千成

半分に割ってみると。
キュウリの千成 実を割って種のようすをみる
おつ、セーフ! へえ、千成って、けっこう太くなるまで中の種が小さいんだなあ。

ということは、このあたりのこれなんか、まだもう少し大丈夫ってことでしょうか。
次はこのあたりが収穫サイズと予想


一方、イボイボがいっぱいできる品種・F1多福四葉のほうにも、無事実がつきましたようで。
お初収穫はたぶん、このかた。ただ今、身長約13センチ。
四葉キュウリの多福F1 10センチほどになった実

悩ましいのは、実の数なんでございます。4段に1個ぐらいという、いたって簡素な実のつきかたでありまして。このぶんではさしたる収量が望めそうにありません。2月と5月に種まきしたときは、節ごとに実ができてたんだけどなあ。

そうなると、のちのちツルおろしをすることになるだろうから、物干し竿に絡まってるこのてっぺんの生長点を、止めるわけにもいかず。2株の先っちょが、うねうねとさまよったまま。
F1四葉多福 物干し竿でうねっている生長点

おまけに、薄ら寒い雨模様のこのお天気がしばらく続くのだとか。毛糸のベストを引っ張り出して羽織っている始末ですもんねえ。なんとなく不穏な予感。たしか寒くなるとキュウリの葉って、凍りついたようにカチーンと固くなってこときれるんだったような。うっ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

2015-08-30.Sun 19:00
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック