種から栽培のキュウリ:F1多福四葉の初収穫

2015.09.04 15:15 | EDIT

 数日留守にしているあいだ、水耕栽培の液肥がなくなりはしないかとハラハラしていましたが、幸い雨模様な天気だったようで、なんとか無事でした。ホッと一息。

そして、キュウリのF1多福四葉(たふくすうよう)が1本、びよーんと育ってました。(撮影:9/3)
F1多福四葉を1本収穫
このたびの初収穫。種まきから約45日目で、早いのか遅いのかよくわかりませんが、春や夏の収穫のときより、太めで長くてりっぱそうです。

せっかくだから、ミニキュウリの千成(せんなり)と長さくらべをしてみました。
キュウリのF1多福四葉と千成の長さくらべ
千成の3倍くらいでしょうか。

その千成も、何本かはふとっちょさんになってました。
キュウリの千成2株 ぷらーんとしてきた実

よって、収穫。どれも姿が寸胴さんで、つるっつる。なんか笑っちゃいます。
キュウリの千成を4本収穫
お味見は、雨降りが続いているし、どんなかなあとおそるおそる。
千成は、旨し旨し。皮柔らかく、水分たっぷりピッチピチ。よろしなあ。
F1多福四葉は、うーん、水気が少なめなのか、ちょっとしんなり。カリッとしてるのが四葉タイプの信条ですのに。むずかしいなあ、このキュウリ。しかも3節に1本ぐらいの実つきゆえ、あまり数がとれないと思われます。収量をくらべたら千成の方が圧倒的によろしい。

なにせ翌日(9/4)にはもう、わらわらとふくらんでました。「千」というのは、ちょっとなんだけど、「10成り」くらいでしょうかね。
9/4 キュウリの千成 10成りくらい?

いつになくたくさんとれたので、こちらはご近所さんにおすそわけしました。
9/4 キュウリの千成 10本を収穫
ご近所さんは、初めてミニキュウリをごらんになったそうで、「わっ、かわいいっ。でも、これ普通に食べられるの?」とお聞きでした。そりゃそうですわ、おもちゃカボチャとか姫リンゴとか、お飾り用のものがありますからねえ。(あ、でも以前、姫リンゴのとれたてを食べたら、甘酸っぱくて美味しくてカリカリの歯応え。びっくりでした。小さいと水分が少ないから鮮度が保ちにくく、お飾りになりがちなのかも?)

さてさて、気がかりなのは、多福どのですな。液肥をたんまり追加しておきましたゆえ、ガリっと固いキュウリになっとくれーっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード