食用の多肉植物:いただいたグラパラリーフの脇芽苗 その後

2015.09.12 17:05 | EDIT

 あれは、7月のことでした。当ベランダのグラパラリーフが瀕死の状態であるのを気に掛けてくださり、脳天気な我が家のFOXさんが、ピチピチ元気な新芽つき葉っぱを送ってくださいました。

7/3 これは、そのときいただいた、ピチピチさんを鉢に並べたところです。
グラパラリーフの葉を鉢に並べる

で、そのピチピチ苗はその後、どのようになったでしょうか。なにしろ瀕死状態にしてしまうのが得意な私のことですから、同じ道をたどっていくのでしょうか。それとも、少しは反省して生きのびさせることができるのでしょうか。

7/22 新芽の葉が数枚ふえてきたかも~♪
7/22 ピチピチのグラパラさん 新芽ちらほら
そうそう、葉は鉢のふちに寝かせるようにしました。ふちに立てかけておいたら、ちょっとぶつかっただけであちこちにころがってしまうのでした。うん、こうしてひとつずつ勉強していきましょうぞ。

8/19 暑い盛りです。大きな葉は枯れたり、無くなったり。肝心の新芽は、だ、大丈夫14個ご健在。ホッ。
8/19 ピチピチさん 新芽ふっくら

9/12 みなさま、ふっくらしてまいりました。ん? 若干こぶりなのもありますが…。
9/12 ピチピチさん 身長と横幅も伸びました
大きな葉は、脇芽が育つにつれ全部枯れてしまうのかと思ったら、3枚はくっついたままのようです。こういうのもありなんですねえ。約2ヶ月で、新芽は2センチ程度、葉数5・6枚ほどの大きさに育ったことになります。イエーイ、喜んじゃう。
暑い夏で心配したけど、暑いからよく育ってくれたのかもしれません。よく水枯れさせてしまったことはナイショ。

ところで、当ベランダで瀕死の状態にされたグラパラはその後、どのようになったかと申しますと。

7/22  虫の息。
7/22 グラパラリーフの瀕死君 生きてはおります

8/30 横ばい状態か。
8/30 瀕死君 若干太ったかも

9/12 おっ、ちょっとふっくらさんになったかも?
9/12 瀕死君 やれやれちょっと安心サイズ
とはいえ、安心はできませんぞ。新芽のようにもりもり勢いのある育ち方ではないようで、ゆっくりゆっくり、傷みかかったようになったり、復活したりで危なっかしい。液肥をやったり、やめてみたりと、難しいです。まだまだ闘病中ってとこでしょうか。

さあて、これから秋と冬。寒くなるにつれ、生長っぷりも遅くなっていくことでしょう。なるべくお日さまにあててて、液肥をちょびちょびにへらしていくのがいいのかなあ、と考えています。うまいこと冬が越せたら、来年はいよいよ食用となっていただけるかしらん。鉢からこぼれんばかりにして、ムシャムシャしちゃうのだ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 観葉植物と多肉植物
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード