四季成りイチゴ:最後の一粒

2015.09.20 14:54 | EDIT

 「四季成りイチゴ」は、去年の5月から種まきをしては本葉がでたあたりでボツになる失敗をくり返していましたが、今年6月5日に種まきした1株が、ようやく本葉数枚のところまで育ちました。

8月4日 右下が、その四季成りイチゴです。葉の色が茶色っぽいのが気になりますが。
8/4 四季成りイチゴとあしたば

8月29日 おっ、ちゃんと緑色。いけるかも。
8/29 四季成りイチゴ

9月4日 いやん、また葉のふちが色あせた感じ。だいじょうかいな。
9/4 四季成りイチゴ

9月18日 新しい葉は、元気そうです。なんとか持ち直したように思うのですが、どうなんでしょう。
9/18 四季成りイチゴ
手にしているのは、この四季成りイチゴの種が入っていた種袋。約50粒入りだそうですが、もう、中には一粒も残っていません。ですから、これが最後の希望の星なんでございます。た、たのんますっ!

それにしても、発芽率は7.5割とのこと。うーん、難しい。食べたイチゴの種をまくほうがずっと簡単でありました。

この四季成りイチゴは、どんなイチゴなんでしょう。種袋の写真を見ますと、ワイルドベリーよりは粒が大きく、種のつきかたも果肉の上に浮き上がってなくて入り込んだ感じなので、なんとなく普通のイチゴのようにおみうけいたします。いや、ぜひ普通のイチゴ風に果肉が固めであってほしいんですが、ど、どうかしら?
収穫は来年からですってさ。冬越しかあ。遠い遠いみちのり…。

いっそ、ポット苗3株入り「なつあかり」(販売価格・税込み1620円也)を予約してしまおうかと思い詰め、握りしめたお財布が汗ばんでおります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード