園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

種から栽培のバジル3種:小さい葉のマルセイユがおしまい

2015.09.29.Tue
 3月末に種まきした、小さい葉のバジル・マルセイユ。ずいぶんと長いあいだ楽しんでましたが、新しい葉っぱができにくになってきました。そろそろおしまいかなあ。(撮影:9/28)
バジル・マルセイユ ぼちぼちおしまいの収穫
とりあえず、まだ元気そうな葉を収穫しておこう。この明るいグリーンが、なんともうきうき♪柔らかくて小ぶりだから、ちぎらなくても使えるってところがウリでしょうか。

バジルはこのマルセイユ(右下)の他に、2種類。大きな葉のボロッソ・ナポリターノ(上の2株)と紫色のパープルバジル(左下)があります。
バジル3種 
こうしてみると、マルセイユは、株も小さいんだなあ。

葉っぱも、ならべてみました。
マルセイユとパープルとボロッソ・ナポリターノ
このなかで今一番元気なのは、パープルバジルです。真夏にはちっとも大きくならず、色もまだらで冴えなかったのに。パープルは、気温が低めのほうが育ちやすいのかもしれません。

一方、でか葉っぱのボロッソ・ナポリターノは、花芽がつき始めたようです。
花芽ができはじめたボロッソ・ナポリターノ
うーん、こうなっちゃったらおしまいが近いんでしょうね。葉も根もまだまだきれいなんだけど。

じつは、もしかすると「この花芽だけを摘んでしまえば、また新しい葉ができるんじゃないの?」と思ってやってみたんですが、だめでした。なーんにも生えてきません。「花芽がでたら葉はでない」。じつに厳格。そうかい、そうかい。

…というわけで、ボロッソ・ナポリターノも、ぼちぼちおしまいにせねばなりますまい。
ならば、まだ元気な葉のうちに収穫して、生の葉のまま冷凍してみようかしら。使うときは取り出してもみもみ。ふりかけみたいにたのしめたらいいなあと思ってます♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック