園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種から栽培のナス:ユニークな外見の中はどうなってるの?

 食欲の秋。さあさあ、ナスも美味しくなって新登場、と思いたいですが、当方のとろ箱・水耕栽培ナスはどんなもんでしょうねえ。ご用とお急ぎでないかたは、どうぞごらになってくださいまし。本日の話題は、しましまのナスのカプリスです。

 ポニーテールか、天狗の鼻か。(撮影:10/1)
天狗ナスのカプリス
先っぽに花芽がついているところをみるに、この部分も新たな実になろうとしているんでしょうか。

ざっくり割れたザクロ顔。
ザクロなナス

近づいてみると、お米のような粒々がぎっしり。種でしょうか。その種がはがれたようなあとが、ハチの巣みたいです。
ザクロなナスのぎっしりな種
あ、仮面ライダーって、こんな感じじゃなかったかなあ。
小ぶりな実だったので、ステーキにせずお味噌汁に入れていただきました。とても柔らか。ほほほ。

わりと普通のもあります。お尻がザラザラですが。
ザラザラナスのカプリス

そんなこんなのユニークナスはその後、ふっくら大きくなり、重さで枝がしなるほどになりました。

10月6日 しゅうかーく! ポニーテール、243g。
10/6 収穫したポニーテール風のカプリス


お尻ザラザラ。250g。
10/6 収穫したザラザラお尻のカプリス
このザラザラ部分は、削り取れるんだろうか。亀裂が奥の方まで入り込んでたら、可食部分が少なくなるよなあ。ちょいと気がかりです。

まずは、皮を薄めにむいてみました。
ザラザラお尻の皮をむいてみた
おっ、大丈夫そう。

でも、種ができすぎて黒くて固くなってるんじゃないの?
切断した断面のようす
これもOK。なーんだ、みかけが痛んでるだけで、中身はなんともないのであったか。これなら安心。ユニークどの、どしどし実をつけてただきとうございます。

それにしても、ナスってこんなにも大きな株になるもんだとは。極小ベランダにはキビシイぞい。
左・カプリスと右・ロッサビアンコの株姿
こうなりますともはや、ナスの横を通り抜けることは困難。そこで、世話をするときはまず、サンダルを手に持ち、室内のこちら側のドアをあけてサンダルをベランダに置いてから、ようやく足をふみいれることができるというありさま。めんどくさくて、裸足のままベランダにおりてしまうこともあり。(「ばっちい足は、拭いてから室内を歩きましょう。」←守られない標語)

そして、食欲といいますか、液肥欲旺盛で、このところ一日こうなりますともはや、ナスの横を通り抜けることは困難。そこで、世話をするときはまず、サンダルを手に持ち、室内のこちら側のドアをあけてサンダルをベランダに置いてから、ようやく足をふみいれることができるというありさま。めんどくさくて、裸足のままベランダにおりてしまうこともあり。(「ばっちい足は、拭いてから室内を歩きましょう。」←守られない標語)

そして、食欲といいますか、液肥欲旺盛です。一日4~8リットルを消費。つまり、焼酎の取っ手つき4リットル入りペットボトルを、ぷはーっ、ぷはーっ、とラッパ飲みしてるみたいな感じでしょうか。なんだか笑っちゃいます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ナス | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1067-fd6c35de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT