• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2015/10/16(Fri)

種から栽培のナス:ぷらんぷらんの実なんだけど…

 秋ナスというのは、いつ頃のナスまでを想定しているのでしょう。当方のベランダのカプリスは、なぜか今頃になってあちこちに実をつけはじめまています。

枝の先端。花も実もあり。(撮影:10/14)
いくつもの実 カプリス

こちらは、ひとつところに3個も実をつけようかという勢い。
一カ所に3個の実ができるかも?

一枝にぷらん、ぷらん。何個あるのかなあ。
柏の葉のようなゴツゴツした葉のカプリス
数えてみましたら株全体で、おおよそ20個の実ができていました。

このカプリスは当初、3本立てにしていたのですが、その後めんどうで剪定をしないまま、痛んだ葉を取り除く程度ですましてきました。
剪定をしないと新しい脇芽ができない。脇芽ができないと新しく花が咲いて実がつかないかも。…なんとなくそう思ってたんですが、脇芽はどこにでもできるもんだったとは。枝の先端だけでなく、葉のつけ根というつけ根から吹き出すように。

根元も脇芽だらけ。花も咲いています。
根元付近にも新芽と花芽が出現

重いのでしょう。枝が下にしなってしまうので、上から荷造り紐で操り人形状態にしてます。
上からひもでつっています
ときどきこのひもに私が絡まって、「うえっ」となり、蜘蛛の巣にかかった獲物状態。苦笑いですわ。

花は、ふつうのナスよりは薄い紫色。
カプリスの薄紫色の花

そうかと思うと、枯れたような灰色のもよくみかけます。まだ咲いたばっかりなのに、この渋さ。
色が褪せたようなカプリスの花

がくの下から、しましまのお尻がのぞいているのもみかけます。
まあまあの色つやの実

こちら、お肌ざらざら。ハンドクリームをすりこんでおこうかしら。
お尻が肌荒れの実
(あ、そういえば足の裏のかかとがガサガサし始めたんだった、わたし。)

そうそう、こんな替え歌がありましたっけねえ。
「かきねの かきねの 曲がり角~♪ たき火だ たき火だ…」の歌なんですけどね。
「お肌の お肌の 曲がり角~♪ 曲がってしまってもどらない~♪」(byだるま食堂/3人の女性の芸人さん)

さて、のんびりたのしんでおりますが、もう10月も半ばを過ぎてるじゃございませんか。まにあうかしら。なんとか秋ナスって呼ばれるあたりで、ぶじに収穫できたらうれしいんだけどなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No title

    露地栽培のナスは、もう撤収している。
    ベランダでのナスも、今月で撤収ですよね~

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    あー、やっぱりナスはもうおしましにせねば、ですか。
    あ、でも今月で撤収ってことは、まだあと2週間あるんでした。それまで、せいぜいたのしむことにいたします。ちっちゃあーい、3センチくらいの実がようやくできるくらいでしょうけど。わはは〜。

Home Home | Top Top