園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

季節はずれの収穫物(トマト・ナス・エンドウ)

2015.11.06.Fri
 きょうのお昼間ですが、だいぶお暑うございました。仕事先の保育園さんでは冷房をいれてくださったほどです。こちら東京都・青梅市のお天気予報の最高気温は20度となっていましたけど、もっと高かったんじゃないかなあ。そんなお日よりでございました。

帰宅してベランダをのぞいてみると、食べられそうな野菜がちらほら。上は、ミブナ(壬生菜)、左からスナップエンドウのジャッキー、中玉トマトのMr.浅野のけっさく、ナスのカプリス。ミブナ以外は、すべて水耕栽培です。(撮影:11/6)
収穫したカプリス、Mr.浅野のけっさく、壬生菜、ジャッキー。
これ、どうみても季節はずれすぎるメンツですなあ。きっと、11月とはいえ気温がまだ暖かいせいかもしれません。
とはいえ、トマトとナスには傷があったりして、旬の頃のピカピカ美人さん顔ではなくなってました。まだまだ頑張ってますぜ、ってところでしょうか。

あ、ちょっと待った。ひょっとしてナスのやつ、石ナスだったりしないだろうなあ。恐る恐る、断面をのぞいてみますと。
カプリスの断面
ど、どうでしょう? なんとなく筋張ってるような気もしますが、種ができているふうでもなく、大丈夫そうです。イエ~イ!
スナップエンドウと共に、カレーに入れちゃいました。ナスは少し固めではあるけど、ナスの味がぎゅっと凝縮。
また、スナップエンドウはプチッとはじけてたのしく、トマトもしっっかりしたお味があり、甘くておいしかったです。

そうえいばこのところ、日中のベランダ温度が30度以上もあったりしています。マンションの壁や床が日射しを照り返しているのでしょうか。液肥の消費量がふえ、朝と晩に追加することもあります。ミブナも、しおしおにしおれていて大慌てで水やりしたり。といっても、このところ出張が多く、早朝の暗いうちか夕方ぐらいしか世話ができておりません。
よって、このたびのうれしい季節はずれの収穫は、ひとえにお日さまの恩恵でありましょう。ありがとうさんです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック