園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2015.11.07.Sat

6月種まきの水耕栽培トマト:横ばい低位置に設置作戦の巻き

 トマト(中玉・Mr.浅野のけっさく)の株を上にではなく、横にはわせて育てているんですが、なにぶん天井付近にあるので陽当たりがよろしくありません。(撮影:11/1)
エアコンの室外機あたりを横にはっている株

そこで、株全体を下におろすことにしたのですが、これがなかなかむずかしい。背丈が長すぎ、うっかりするとたわんで折れそうです。紐をかけたりはずしたりをくり返し、すこーしずつ、すこーしずつ、フェンスの手すり付近にまで近づけました。青い矢印がそのトマトの主枝です。(11/7)
折れ曲がって左に進むトマトの株姿

こうして全体が下になったら何がうれしいかってですねえ、すぐ手の届くところに枝葉があるので、痛んだ葉を取り除いたり受粉作業したりが、とっても楽ちんになったことです。背伸びしなくてもいいのが、ほんにうれしい。
脇芽の受粉作業などがしやすくなる

横にはっている主枝(青い矢印)から、たくさんの脇芽(黄色の矢印)が、上へ上へ。
脇芽がたくさん、上にのびてます
なんとまあ欲ばってますこと。天井につかえる直前の、3段目くらいまで育てて摘心しようと思ってます。

こうしてみると、なんだかブドウみたい。
期待の次期収穫トマト君

失敗もあり。作業中、ちょっとぶつかった拍子に、なけなしの実がブチッともげちまった!
移動作業中にうっかりさわって落下した実
もったいな~。

いーや、それ以上に決定的な失敗が発覚。横にはっている主枝は、ヒヨドリのちょうどいい具合の足場になるってことに、さっき気がついたんです。おまけに、すぐそばにはフェンスの手すり付きですからねえ、ぴょんぴょんと飛び移るのにぴったんこ。
横にした株は、ヒヨドリの足場にうってつけ
どうやら私は、何日もかけて冬のヒヨドリの餌場を構築したらしいですわ。うっ、うっ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ


関連記事

コメント

2015.11.07.Sat

ヒヨドリは、まだ実をついばむ程度。
ハトが来ると、その糞が危険ですよね~

鳥除けのネットを前面に張るのが、ベストなんですが・・・

ポチ、ポチ、っと!
2015.11.10.Tue

kasugai90 さんへ

ギョギョッ! 強敵は、ヒヨドリよりもハトでしたか。
そういえば、当方のベランダの斜め前に大きな木があり、そこにヒヨドリとともにハトも止まっているのをみかけたことがあります。さては、下調べしておるのかも。こりゃあ鳥除けネット必須ですね。
さいわいネットは3枚ほどありましたので張ってみます。ありがとうございます。

たぶんいずれ雪が降り、付近の畑の野菜が埋もれて見えなくなる頃。わがやの貧相なベランダにも襲来するものと思われます。くわばら、くわばら、です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1090-e8bc6b26

 | HOME |