園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

渋抜きした柿:8日目の味

 友人の畑の渋柿を頂戴したので、焼酎を使った渋抜きというのを初めてやってみました。(前回の記事はこちら
並べた柿の実の上に、30度の焼酎を吸わせた新聞紙をのせておくだけ(ネットで拝見した記事より)という、いたってお手軽な方法でしたが、さてどんなもんでありましょうや。

発泡スチロール箱の蓋を開け、閉じてあった袋を広げ、新聞紙をどけてみました。ドキドキ。ど、どうかしら?(撮影:11/18)
新聞紙で渋抜き方式の8日めの様子
真ん中の実がカビカビ風味! やばいかも。

取り出してみたら、他にも怪しげなのが全部で4個あり。
ふにょふにょの実(傷があった柿の実だったからか?)
「1」は、可食不能だよなあ。「2」も、4分の1くらいは取り除かないとだめかも。「3」は、かろうじて合格?「4」は、割れてるだけのようなので大丈夫そうな気がします。

…と、予想したのですが、可食不能と思われる「1」の皮をむいて食べてみましたらば、柔らかでフニョフニョだけど、おいしいっ! 渋味もぜーんぜんなし。な~んだ、みかけは怪しげだけど心配いらんじゃないか。お腹もこわさなかったし。(私が“鉄の胃腸”だっただけかもですが。)

さらに他の固いほうの実も食べて確かめてみたかったけど、あいにくその後、内視鏡検査のため禁食の時間とあいなったので、ひとまずしまっておくことに。味見は、しばしおあずけです。残念だなあ。

というわけで、痛んでいるように見えた残りの実を、元の袋の中に戻しました。
残りの柿の実の様子
真ん中の1個がつぶれてるけど、だ、大丈夫でしょう。

なお、袋を閉じてしまうまえに、中の新聞紙が乾いていたので、再び焼酎10ミリリットルを吸い込ませておくことにしました。
焼酎入り新聞紙をのせて再び蓋をする
後日、はれて禁食がとけましたらばお味見です。どうかしらねえ。固い実もおいしくなってるといいなあ。
固い柿を、ガリガリゆわせて食べてみたいもんである。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 未分類 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1099-9b92e77d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT