冬のご到来 ベランダ風景

2015.11.29 10:45 | EDIT

 出張で名古屋方面へ。行きは新東名高速道路経由にて暖かな駿河湾を眺め、帰りは中央道経由で、夕焼けの富士山を拝見。道路が富士山に向かっているせいでしょうか、車窓から幾度も眺めることができました。
それにしても帰路の寒いこと! 小雪が舞ってましたからねえ。

しかし寒いのは、当方(東京・青梅市)のベランダも同じでした。留守中の最低気温が2度とか3度だったとか。初霜が降りたようで、早朝の散歩をしたら、地面がざくざく。う~、プルプル。

それでも、トマト・Mr.浅野のけっさくが色づいてました。久しぶりの収穫です。留守を見守っていただいたご近所さんにお裾分け。
収穫したトマト(Mr.浅野のけっさく)

横向きにはわせたトマトは、脇芽の背丈が50センチを越えたでしょうか。花芽をつけているので、絵筆で受粉作業をしています。(撮影:11/29)
トマトのMr.浅野のけっさく 脇芽が50センチを越えた
そうそう、フェンスの下の方だけですが、霜よけと鳥よけ用にネットを張りました。少しは役に立ってくれますように。

その下の足もと付近なんですが、いろんな苗がごっちゃごちゃ。
葉物野菜とトマトの苗とエンドウ
手前はエンドウ(笹貴)、トマトの挿し芽苗やらシュンギク、チコリ、カラシナなどなど。

すみっこには、なにゆえか、まだナスのロッサビアンコが残っていたりします。
まだ残ってるナスのロッサビアンコ

右から、ミブナ、イタリアンパセリ。左端なんですが、どうみてもタンポポの葉にしかみえません。こんなのを植えた覚えはないんですけど。チコリを植えたはずなんですけど…いやん。
チコリとイタリアンパセリとミブナ
いずれも、元気もりもり。これぐらいの寒さは大丈夫なのかもしれません。

水耕栽培のミブナ(右)と、小カブやらカラシナやらもつつがなく、といったところでしょうか。
もじゃもじゃの葉物野菜

今年は、いつもの冬野菜(カラシナ、子持タカナ、チコリなど)のほかに、トマトやエンドウなど、今まで冬のベランダにはなかった野菜がならんでいます。どうなりますやら、ちょっぴり冒険です。来月には新年・夏に向けての種まきもいたさねば。
なにやら気ぜわしいばかりで、大掃除も片付けも、まだなーんにもできていませんけど、これだけは完成しております。

フラワーアレンジメントをしている友人に手取り足取りしてもらってこしらえた、クリスマスリース。
クリスマスリース
ケーキも用意せず、美しい飾りものにもぜんっぜん縁が無いわたくしなので、ちょっと気恥ずかしいような…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

>フェンスの下の方だけですが、霜よけと鳥よけ用にネットを張りました。

冬トマトのためには、上の方にもビニールを張った方がいいでしょうね~

ポチ、ポチ、っと!

ステキなお客 | 2015.11.29(Sun) 22:03:31 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

あ、やっぱり上までネットがあったほうがいいですよね。もの干し竿と天井に設置してある室外機を利用してなんとか工夫してみます。
それから、トマトの株も下におろしてみようかと。これがちぃとめんどくさいんですが。うん、がんばります! ありがとうございます。

ともこ | 2015.11.30(Mon) 17:02:37 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード