テストで夏野菜の種まき

2015.12.15 15:20 | EDIT

 トマトやナスなどの夏野菜の種まきは、だいたい2月頃と種袋には書かれているようです。とはいえ、当ベランダは、南向きのマンションゆえ、太陽が真上にくる真夏は直射日光がほとんどあたりません。室内にいる人間にはありがたいのですが、ベランダの作物は、照り返しばかりの気温が40度以上という、熱波と日陰育ちになっちゃうのでした。

でも、真夏よりも前か後ならば、お日さまが斜めに差し込んでベランダの奥にも届いてくれますので、その時期にうまく合わせて作物を作るようにすれば、なんとかなりそうかもと思うのです。
そこで、少し早めですが種まきをしてみました。といっても発芽テストのつもりなので、気楽に~、てきとううに~であります。

種は、水にひたしたキッチンペーパーではさみ、ジッパー付きのビニール袋に入れてタッパーに入れました。
タッパーに入れておいた種
加温もしなくちゃねというわけで、タッパーを寝ているお布団に入れておいたはいいけど、忘れてそのままになってひんやりしていたり。あわてて足温器やホットカーペットの上においたけどまた忘れちゃう、というずさんな管理っぷり。

10日に種まきしてから2日め、恐る恐る中身をのぞいてみたら、ほとんど発根してました。(撮影:12/12と12/13)
トマト種類が2~3日で全部発根ちゃってる

ミニトマトのピッコラルージュは、3粒のうち2粒発根。
ピッコラルージュの発根

中玉トマトのMr.浅野のけっさくは、去年の種にもかかわらず3粒すべて発根。
Mr.浅野のけっさくの発根

大玉のトマト、ブラッククリムにいたっては、「どうせエアルームトマト(固定種)とやらで気むずかしそうだもの、たいして発芽せんだろう」と楽観して8粒まき散らしておいたら、それらがぜーんぶ発根なさっておられましたぞ。
ブラッククリムの発根

さすがにナスはまだのようでしたが、トマトがこんなにも早々おでましになるとはねえ。

はいはい、生まれたからには育てましょう、というわけですべてポットに移し替えました。ブラッククリムのいくつかだけは2粒一緒のポットにしてポットと場所の節約。
発根したトマトをポットに移し替えた

いやあしかし、こんなにたくさんのトマト苗をどうしましょ。いいのよいいの。ますます寒くなるんだし、おっことすし、踏んづけるしという不測の事態はよくあること。全部が育つとは思えませんゆえ、ま、大丈夫、と思うことにしよう。たはは…。

【おまけ】
 日中、郵便局に行きましたらば、ATMの前と郵便物引換のあたりが長蛇の列。マイナンバー通知の受け取りの関係もあるのでしょうか。師走だなあとしみじみ。また銀行の玄関口には、おまわりさんも立っていらっしゃいました。寒いですのに。
あーっ、〆切り作業がちっとも進んでないぞ、わたし。そわそわな年末がやってきましたなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

今週の半ばから、本格的な冬の寒さ。
当分は、室内で育苗ですよね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2015.12.15(Tue) 19:53:13 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

あ、kasugai90さんのお話のとおりでした。今、お天気予報をみましたらば、最低気温が2度とか。ヒャー、冬将軍きちゃいますねえ。おうちにこもるしかないです。はーい、育苗、育苗!
そのまま、こたつで冬眠しちゃいそうです。わはは。

ともこ | 2015.12.17(Thu) 11:33:53 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード