子持タカナの根元のふくらみ

2016.01.29 20:33 | EDIT

 ブルブル~。当方のベランダからの風景。なにやら雪がふりそうな雨模様です。(撮影:1/29 夕方)
1/29 ベランダからの風景
この辺り、東京都青梅市は、18日に降った雪がまだ屋根や日陰に残っているので、この雨で流れてくれるといいんですが。

 さてと、きょうはお休み日。寒いけどベランダをゆっくりのぞいてましたら、子持タカナがやけに茂ってることに気がつきました。葉の先から反対側の葉の先まで、90センチメートルくらいはあるでしょうか。
子持タカナ 葉先から葉先まで90センチくらい
へ~、いつのまに。

おや、茎の下のほうがふっくらと太くなってきておる。新芽の準備に入ってるのかなあ。しめしめ。
子持タカナの茎の根元がふっくら

では、肝心の「子持」ができる中心部やいかに? 真ん中からタケノコみたいな小さい新芽がいくつもでてきて、これがめっぽう美味しいんですがねえ。
でもまだ新芽はでてきていません
葉っぱばっかり。なーんにも変化がありません。

あれえ、収穫っていつ頃だったっけ、というわけで過去の当方のブログ記事を調べてみました。うちのベランダでは、子持タカナは過去4回栽培しております。

【これまでの子持タカナのタネまきと、初収穫の時期】
・2011年…タネまき→10月頃……約6ヶ月後→2012年4月2日
・2012年…タネまき→9月22日…約6ヶ月後→2013年3月15日
・2013年…タネまき→9月2日……約6ヶ月後→2014年3月13日
・2014年…タネまき→9月2日……約6ヶ月後→2015年3月3日

ふむふむ、収穫はいずれも「種まきからほぼ6ヶ月後」だったようです。

それなら、このたびの種まきはいつかいなと思ったら、昨年の9月4日でした。ということは、今は約4ヶ月半ってところでしょうか。つまりあと1ヶ月半待ち…。あ~あ、食べるのはすぐなのに、育てるのはなかなかです、はい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - つぼみっ娘(こ)・子持タカナ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

陽が長くなってきたので、アブラナ科の野菜に変化が・・・
我が家のアブラナ科の野菜も、とう立ちの気配が!

ポチ、ポチ、っと!

ステキなお客 | 2016.01.29(Fri) 21:34:47 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

とう立ち。そうでした、そうでした。レタスなどを育てるときも気にしておかなくちゃいけないんでした。うっかりすると、みんな背高のっぽになって終わってしまいますものね。
でも、菜の花が咲いているとほっといたします。春、春♪

ともこ | 2016.01.30(Sat) 20:01:41 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード