• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2009/10/16(Fri)

ギンナン:秋の味覚 うまし

先日拾ったギンナン。試食は、諸般の用事で遅くなっておりましたが、とうとうそのときがやってきました。わらんぶ?さんにおそわった電子レンジでチン方式にていただいましたあ! 
薄皮が残ってても、実がはじけすぎちゃっててもおいしいのさ。やわらかくてね、もっちりしててね、そりゃあもう、ぶふふ、なんでございますよ。ああ、シヤワセ~

そんでもってじつは、この量の3倍くらいまだ残してあるのでした。ケチケチちびちび食べまする。お正月まで残しておいて、茶碗蒸しに入れたりして。ほほほ


ところで、果肉を素手でさわって種だしをしたワタクシですが、その手はまったくかぶれませんでした。かゆみも赤みもなし。
皮膚の上に、何か接着剤のようなものが張り付いてコーティングされていたという感じ。これがごわごわとしてなかなかはがれないのです。1週間あまりしてようやく透明の皮のようなものがめくれてきたほどに頑丈。
このインゲンを持つ手にご注目くだされたし。これがその優れたギンナンコーティング力の痕跡。
思うに、ギンナンの果肉にはとても強力な接着力をもつ成分が含まれていて、もしかするとうまい使い方が発見できるのではないかと。
ご用とお急ぎでないお方様がおいでなら、ぜひこういう観点での研究をお願いしたいなあと思ったしだいです。(売れない製品だったらごめん)

【追記】
気のおけない友人より、私がかぶれなかったことに対して、「ツラの皮の厚みに感謝せよ」とのお言葉をたまわりました。おやさしい言葉のかげにチクリと皮肉もまざっているらしいんですが、な~んにも感じませんのよ。なんせ、当方神経も分厚いから。ワハハ

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback

コメント ▼


    
  • 良かった良かった

    ギンナン美味しく食べられた様で、ワタクシも記事にして良かったです。神経の方も、デリケートならず、バリケードだった様で、一安心?(笑)

  • わらんぶ?様

    「バリケード」に、がはは~の大爆笑でございました。
    はいもう、わらんぶ?さんのお察しのとおりです。当方、デリケートのデの字もございません。

    先日、あのぎんなんを拾った場所に行ってみたら、たくさん拾っていらっしゃるご年配の男性の方がおられました。料理人さんだそうで、「殻を割って、ゆでて皮をむいて、茶碗蒸しに入れるとおいしいんですよ」と、楽しそうに教えてくださいました。

    来年は、ここのギンナン、激戦区になったりして…。

    スーパーに行っても、ギンナンにばかり目がいく今日この頃です。わらんぶ?さんのおかげで、たのしいギンナン病にかかったかも。うふふ、です。

Home Home | Top Top