謎のトマト:イエローゼブラは何者?

2016.02.19 21:01 | EDIT

昨年の秋。友人の畑で育てているトマトのこぼれ種から、小さな苗が育ち、もったいなからともらいうけ、うちのベランダで育てております。
黄色い柄の実がなるトマトの株

品種は、畑のこぼれ種ですので不明なんですが、実がゼブラ模様になるみたいなんです。
実が青いうちは、緑色の濃淡でゼブラ柄になってます

はは~ん、ということは、以前うちで育てたブラックゼブラじゃあないかと予想がつきました。うちで種まきしたトマト苗を友人の畑で育ててもらったりしているもんですから、それと同じ品種になっても不思議はないはずです。

こちらが、当時うちのベランダで育っていたブラックゼブラです。(撮影:2014年6/14)
2014年にベランダで育てていたブラックゼブラ
ね、緑の筋が入ったゼブラ柄でございましょう? こんなふうに色づいたら薄い緑のところが赤くなるんだと思うの。

それが…。この畑育ちのゼブラ柄のやつときたら、いっこうに赤くならんのですわ。黄色と薄茶色のゼブラ風。
もうね、さわると柔らかいので、とりあえず収穫しちゃいました。
収穫した謎のトマト・イエローゼブラ柄の実
重さは40グラムほど。中玉ってところでしょうか。いったい何者?
も、もしや、新種のトマトができたかも? ネーミングは、どういたしましょ。「ともこのけっさく・イエローゼブラ」とでもいたしましょうかしらね♪

いざ、お味見! 半分に割って…。
謎のトマト・イエローゼブラの実の切断面とお味の感想
みごとに拍子抜けですわ。
おそらく、今まで栽培したトマトのなかで、もっともあっさり味だったパープルロシアをもしのぐ薄味トマトではなかろうかと。

あーれまあれま、去年の秋から、朝は日向にだし夜は室内にとりこみ、夜も寝ないで昼寝して、ずーーーーーーっと育ててきましたんですがねえ。

ま、こんなもんでございましょう。新種のトマトができたのだとしても、「美味しい」とまでへの道のりは遠いのである、と思ったのでございましたとさ。

あ、でもでも、この謎のイエローゼブラはすでに次の実をつけています。ひょっとしらた今度の実こそ美味しくなっているかもしれないわけで。そうそう、それに期待いたしましょう。どうかよろしくおたの申しま-す!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

自然交配して、できたトマト!?
そうした物のほとんどは、新しい品種にはなれないそうですね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.02.19(Fri) 21:35:11 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

ふむふむ、なりゆきじゃあ、美味しい野菜ができないってことですね。いやはや勉強になりました。
それにしても、このお味の薄いトマト。次回収穫分は、せめてソースにしてみようかと。黄色のトマトソースってしかし、見た目も美味しそうに見えなんだろうなあ…、です。

ともこ | 2016.02.20(Sat) 14:08:17 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード