お初。水耕栽培で八つ頭。

2016.03.12 17:37 | EDIT

ぷっくりとおいしそうなお芋、“八つ頭”をいただきました。(撮影:3/9)
八つ頭の種芋とDVD他
蒸してお塩をふって食べたら、さぞ美味しいことでしょう、な~んてね。

私は存じ上げませんでしたが、これは種芋なのだそうで、畑に植えてでっかく育てるだけでなく、小さな鉢の盆栽としてもたのしめるんだそうです。
この種芋をお作りになったのは、三重県尾鷲市須賀利町「中井農園」の中井さんです。(ブログはこちら→「須賀利第二の農業生活」)

いただいた種芋は、芽を出させてからスタートするんだそうで、お見本用にとポットに土入りでお芋も植えてくださっていました。
芽だしの見本用にと、種芋が入ったポットもご一緒
いずれ「新芽がでてきたら鉢に寄せ植えして後は水の管理して鑑賞」という手順だそうでございます。(該当する中井農園さんのブログ記事:「八つ頭の盆栽作りほか」

ふむふむ。このようにして育てますか。
では、いざ新芽だし作戦と参りましょう! 

しかーし、いきなりつまづいちゃってます。
これ、いったいどっちが上なんでしょう? どっちから芽がでるんでしょう? 右? 左?
どっちから芽がでる?
私、てっきり右の長い突起がある方から芽が出ると思って植え始めたんです。だって、この長いところは、芽がでてきそうだから長くなってるって思ったんですも~ん。

それが…。いただいたお芋の中にはすでに新芽がでているらしいのがあって、それを見ると。
すでに芽がでている八つ頭の種芋
つるっとした丸い方から芽はでるんだね。わはは。あやうく間違うところでしたわい。

はいっ、ぜんぶ植えてみましたあ~♪
土ブロックを入れたポットに八つ頭の種芋を植える
ま、まちがってないですよねえ。ドキドキ。スペースがなくて2個一緒に植えちゃったのもあります。すみません。

このまま暗いところへおいときます。うまく新芽がでてくれますかなあ。できれば食べられるタイプに育ててみたいんですが。なにしろナスやトウガラシなど、みな観葉植物に仕立てる名人ですから、わたくし。八つ頭、ハードル高いです。むむう。

そうそう、中井農園さんからこんなDVDもいただいております。「井原さんの産直野菜作り」。
DVD「井原さんの産直野菜作りの」
産直農家さんである中井さんは、こうしたDVDをお買い求めになり、栽培する野菜のお勉強もなさっておいでなんだそうです。

私なんぞが拝見して理解できるんでありましょうか。ま、なにごともやってみなければ、ですもんね。
ああ、少ないノー味噌ですんで、頭が八つあっても足りんです、はい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 根菜類 - 八つ頭
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

種イモだけでなく、栽培方法のDVDまで・・・
ありがたいですね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.03.12(Sat) 21:18:53 | URL | EDIT

毎度~。
早速ブログ投稿ありがとうございます。
八つ頭芋の植え付けはこれでいいですよ~。
後は芽がでたら鉢に寄せ植えして観賞してくださいね~。
なぜ盆栽作りとなったかといいますと
実は小さい芋は捨てていました。ところが捨て場には小さい芽がでているのに気づき
勿体ないな~って思い盆栽にしようと決意して作り始めました~。
作ってから直売店に納めると人気商品となりました。
直売農家は「もったいない」・「なにかに利用できないか」等色々考えながら取り組んでいます。まだまだ修業は続きます・・・・
PS
もし発芽しなければ言ってくださいね~。

中井農園 | 2016.03.13(Sun) 05:42:46 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

ほんとほんと、恐縮です。そしてありがたき幸せでございます。
目標は、「めざせ、賢いベランダ野菜栽培マン!」と宣言しておくことにいたします。(一応)

ないしょですが、栽培に失敗したら、食べちゃおうかしらと。茎も美味しいんだそうですし。

ともこ | 2016.03.13(Sun) 09:24:34 | URL | EDIT

中井農園さんへ:美味しくなあれ、とよびかけております。

こちらこそ、貴重な種芋をお送りいただきましてありがとうぎざいます。
また、植えつけの点検もしていただき、重ね重ねお礼を申し上げます。

今はポットに光があたらないように、厚手の紙でふんわりと蓋をし、室内(約20度)においてます。
ついつい、めくってのぞいて見てしまいますが。

捨て場におかれた小さい芋から人気商品の盆栽が誕生なさった由。
「もったいない」は発明のスタートになるかもしれないのだなあと、コメントを拝読いたしました。

そういえば、友人の畑で見た里芋の葉っぱからこぼれるキラキラした露も、うっとりする光景でした。
八つ頭盆栽は、みてよし、さわってよし、食べてよし、大きくしたら葉っぱの傘にもなる…などなど。
お楽しみをいっぱい見つけられそうです。

DVDやブログの拝見も、直売農家さんのお仕事を、ちょびっとだけど学べるような気がしてとってもうれしく、たのしいです。ありがとうございます。

PS
お気づかいいただきまして、すみません。ありがとうございます。が、がんばります!

ともこ | 2016.03.13(Sun) 09:57:19 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード