園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12月種まきのトマト3種:それぞれの一番花

昨日(23日)は横浜方面に出張でした。あちらこちらに花がいっぱい咲いていて、車中からではありますが、ちょっとしたお花見気分を満喫。私の住んでいる青梅市はまだモクレンはそんなに咲いていなかったりしますが、こちらは満開。さすが、横浜は海の近くです。ぽっかりと暖かい空気に包まれ、うふうふで帰ってまいりました。

一方、本日は、うって変わり雨降りお天気。ベランダにでると、ブルブルです。お隣の小学校は卒業式だそうですが、体育館はさぞ寒いだろうと案じられます。

そして、ベランダの夏野菜のうち、キュウリはまだ双葉なので室内に避難しました。トマトとナスは、まあ大丈夫だろうとそのままにしてあります。トマトはだいぶ大きくなり、支柱を取り付けるまでになりました。

こちらは、少し前の20日に撮影したものです。霜が心配で、フェンスに取り付けたネットは冬からずっとそのままにしてあります。
おもにトマト。ナスもあります。

トマトの花芽は今、だいたい2段目あたりまでつき始めたところでしょうか。
トマト エアレーションの株もある

トマトの株は3種類あり。
こちらはお初栽培で、大玉になるというブラッククリムなんですが、花芽を数えたら、10個以上はありそう。
大玉トマトのブラッククリム たくさんの花

指でつまんでるのは、でっかいので、たぶん鬼花でしょう。ずいぶんと張り切ってますなあ。
大玉トマトのブラッククリム 鬼花
とはいえ、こんなにもたくさん実をつけようとする大玉のトマトって、どうなんでしょう。なにやら不穏な予感。たぶん美味しくないのだろうと予想します。「丈夫で、たくさん実ができて、美味しい」。なーんて3拍子揃ってるはずがないですもん。

けれど、病気蔓延とか飢饉のときは特に、この丈夫さと多収な性質はありがたい存在になると思いますんで、お味は二の次。だいじにお育ていたさねば。(以前育てたパープルロシアンがそうでした。うっ、うっ。)

こちら、中玉トマトのMr.浅野のけっさくの花。
中玉トマトのMr.浅野のけっさく 10輪の花
去年の栽培では、1段に8個くらいの花芽が通常でしたが、このたびは10個。まだ最初の1段目なのに。とても美味しいトマトだったので、今年もぜひ、との期待大。トマトは全部で7株あり、そのうちの3株がこの浅野さんで占めているぐらいですから。

さて、こちらもお初栽培で、ミニトマトのピッコラルージュの花。
ミニトマトのピッコラルージュの花
花数は、10個くらいでしょうか。最初、株が小さめだったんですが、今では他のトマトと変わりません。いや、むしろ大玉のブラッククリムより大きくなってきています。狭いベランダですからなあ、できれば大木にならんようにと願ってますぞ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 15:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今夜から、また冷え込んで来た。
でもベランダのトマトも、これなら耐えられそうですね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/03/24 21:19 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

ありゃ、kasugai90さんのところも冷え込んでますか。
こちらも、けさは吐く息が真っ白。-1度だったようです。

トマトの鉢は昨夜、心配になって室内にえっさえっさ運びました。
日中は冷たい北風が吹いてましたし、なかなか安心できない気温の変化で、おちつきません。
あまりに寒いので足温器をつけましたら、春眠が襲ってまいりまして、あやうく頭を机にぶつけるところ。まったくもう、いまだ冬眠中の私。植物はとっくに目覚めて花芽をだしているっていうのに~、です。

| ともこ | 2016/03/25 18:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1173-5d2645a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT