園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種から水耕栽培のちゃんこネギ:ぬた

「ネギのぬた」の、「ぬた」ってなんだろうと思って、珍しく広辞苑で調べてみました。

1.沼地。湿田。
2.にた。のた。あるいは、どろ。ひじ。…とありました。

漢字で書くと、一文字で「饅」(ぬた)と読むそうです。文字が小さいとなんて書いてあるか見えにくいんですが、食偏に日、四、又。なーんだ、饅頭の饅でござんした。訓読みが「ぬた」だったとは知りませんでしたなあ。

いや、それはともかくです。ベランダのネギからネギ坊主がでちゃってました。いかん、のんびりしておったら、食べそこねてしまいますがな。急げ急げ。1本2本じゃ間に合わん。ペットボトル分、ざっくり一束収穫しました。
ちゃんこネギ 一束収穫
10本ぐらいあるでしょうか。ちょっと詰め込みすぎたみたいで、風通しがわるかったのか、根元にアブラムシが多数たむろしてます。ゲゲッ。よーく洗わなくっちゃだわ。

それにしても、こんなにいちどきにたくさん収穫したことは今までありませんでした。けちけちちょびちょび、薬味としてだけ頂いてましたからねえ。
こりゃあせっかくのチャンス。そのネギのぬたってやつ、やってみうよではありませんか。

切ってビニール袋にいれ、レンジでチン♪ 調味料をまぜまぜ。あら、簡単。
ちゃんこネギのぬた
柔らかだったです。おいしいなあ。

ちゃんこネギは、あとペットボトル5個分あります。ネギ坊主になる前に、jとっとといただいちゃおう。
…とかいいながら、ちゃっかり根元から7センチくらい上を切っております。また生えてきてほしいなと思いましてね。
ん?まてよ。生えてくるのは、ネギ坊主だったりして。そ、そんなあ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 未分類 | 16:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

未熟なネギ坊主も、美味しく食べる事ができますよね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/04/03 21:14 | URL | ≫ EDIT

おはようございます

「ちゃんこねぎ」は柔らかくて美味しいですよね♪
今は「ヤグラネギ」と「ワケギ」栽培の葱、以前は「ちゃんこねぎ」でしたよ。

ネギ坊主は天ぷらにして美味しく食べられます(*^^)v
是非お試しあれ(^^♪

このまま切り採り収穫して、どこまでいけるのか見てみたいわ!
一つ残して継続栽培ってどうですか!??

| ミーママ | 2016/04/04 09:24 | URL |

kasugai90 さんへ

えええっ?! ネギ坊主のあかちゃん、食べられるんですかあ。しかもおいしいのでしたか。
もう3個もつみとって生ゴミ方面に見送ってしまいました。がっくりでございます。
もったいない、もったいない…。

| ともこ | 2016/04/04 16:05 | URL | ≫ EDIT

ミーママ さんへ

ミーママさんは、ちゃんこからヤグラネギとワケギも!
おお、ネギ博士さんでいらっしゃる(^_^)v
そうそう、ネギの白いところの伸ばし方も教えていただいておりますし。

はいっ、ちゃんこネギ、美味しいです。
ちゃんこねぎは種を、ブログ「猫ご飯と5匹ギャング」のか~ちゃんさんにいただいたのが最初でした。
どこでも空いたところに植えとけば育ちますよーと教えていただき、まったくその通りだったです。

ネギ坊主の天ぷら、ぜひぜひやってみたいです♪
あらま、なんか、とたんにネギ坊主の発生が待ち遠しくなってしまってます。

「一つ残して継続栽培」とのアイデアに感心しちゃいました。どうなるんでしょうねえ。
合計何回切り採りできるもんだか。
ほそ~いネギとなりつつ冬まで生きながらえたりして。
いやいや、あんがい普通サイズ程度には太くなるかもしれんし。
…うふっ。これまたぜひぜひ実験してみたいです。
ミーママさん、たのしいテーマをありがとうございまーす(*^^)v

| ともこ | 2016/04/04 16:31 | URL | ≫ EDIT

初めての失礼します

ミーママさん私はミーババいつも藤森さんの研究所を拝見し小さな水耕に目覚め勉強させて頂いてます。お断りなく拝見してます故一言お詫び申し上げます。

| 田村美枝子 | 2016/04/04 23:10 | URL |

田村美枝子さん、コメントをありがとうございます!

田村さまのメールを拝読し、鳥取県岩美町の美しい山や海のご様子を想像しております。また、そこで育てていらっしゃるダイコンやビーツが新鮮ピッチピチ。とっても美味しゅうございました。
せっかくですので、その「岩美町」のお名前をおつけして「岩美のミーママさん」と呼ばせていただきたいなあ、と
思っております。

藤森の研究所だなんて、まことに恐縮でございます。
当方のベランダはだいぶ怪しく、危なっかしくて、失敗多々あり。しょがないから笑ってすましている日々であります。
どうぞ、これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いもーしあげますですm(_ _)m

| ともこ | 2016/04/06 20:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1179-9ba6ea50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT