種からお初栽培のアシタバ:葉の生長スピード

2016.04.13 18:54 | EDIT

昨年の4月5日に種まきしたアシタバ。約一年たって、こんな感じになりました。

4月8日。アシタバの葉ってこんなに大きかったっけ?
4/8 アシタバ
伊豆大島に住んでいた頃、道端に群生していたアシタバは、ミツバよりは大きいけど、ここまでではなかったような気がします。ちがったかなあ。なにしろ、もうウン十年前になりますので、記憶違いかもしれません。

ともかくも、「アシタバ」というからには「明日はえる葉」というくらい、葉っぱがよく茂るんだろうと思われます。
ということは、写真中央の新しい小さな葉が、翌日には大きな葉になる、ということにでしょうか。

いやいや、それは言葉のあやであって、実際にはもっと日数がかかるかもしれません。
それに、まだこんな小さな株だし、そうそう元気いっぱいに茂るというわけにはいかないのかもしれません。
はて、どんなもんでしょう。

5日後のアシタバは、このようになっておりました。(撮影:4/13)
4/13 アシタバ

中央の新芽のところ。身長は15センチくらい。
4/13 アシタバの新芽
うーん、大きくなるまでには時間がかかるんだなあ。

ところで、アシタバの大きく生長した葉は固くて食べにくく、小さめの若い葉を摘んで食べていました。
ということは、この15センチくらいの葉がぼちぼちってことでしょう。食べよっかなあ~♪ゴックン

しかし、なーんか、もったいないような。
といいますのも、このアシタバ。種袋の種を全部まいて、この一株しか育たなかったという貴重品なんでございます。
やっぱり、もっと大きな株にしてから収穫することにいたしましょう。

あ~あ、アシタバ栽培ってこんなにも長期戦だったとは。
伊豆大島に住んでいた頃、仕事帰りの道すがら、道端で無造作に摘んでは気楽にお浸しなんぞにしてたけど、株が大きくなってたくさん摘んで食べられるようになるまでには、なかなかな時間を要するものだったんだなあと、おもい知る。

私が生きてるうちには、まだそんなりっぱな株に育ってくれないかもぉ~、なーんてね。わはは。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 葉菜類 - アシタバ
Permanent Link | Comment(8) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

大きく育った株ならば、新葉を摘んでも、すぐにまた生えてきそうですね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.04.13(Wed) 22:47:39 | URL | EDIT

ともこさんは本当にグリーンフィンガーの持ち主だなぁ!!
…私は1つも出ませんでしたよ、結局(笑)

新島に住む友人は、毎日毎日、明日葉ばっかりだよーーと嘆いておりましたが、
いざ育てるとなるとこんなに大変なんですよねー、贅沢な悩みなんですね。

ツヤツヤで美味しそうな葉。これを大株になるまで我慢するのは、食いしん坊さんには辛そう。(笑)

Naomi | 2016.04.14(Thu) 14:24:31 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

そうそう、「大きく育った株」というのが、きっとだいじなんだろうなあと思います。
充分に太らせなくっちゃあ、ですね。
そういえば、たしかアスパラガスも太くするまで長いことかかったような気がします。
あ~あ、石の上にも三年かあ。ろくろっ首になりそ…。

ともこ | 2016.04.15(Fri) 20:23:42 | URL | EDIT

Naomi さんへ

いやもう、Naomiさん、ほんにもうまいりました。
明日葉の種まきはこりごり。二度と「発芽を待つ身」になりたくはございません(笑)

こんなにも発芽率が低いんだもの、種より苗で売られてるわけだなあ、と改めて思いました。

新島のご友人さんは、明日葉をたーーーくさんお召しあがりなのですね。
ワハハ、なんだかそのお気持ち、うんうんって、思っちゃいます。

そして「贅沢な悩み」とのお言葉。ほんと、そうなんだなあと思います。

「大株になるまで我慢するのは、食いしん坊さんには辛そう」。はい、まさにその通りです!!!
とっとと葉をむしって、丸坊主にしてしまうに決まってます、私(笑)

ともこ | 2016.04.15(Fri) 21:17:44 | URL | EDIT

写真の苗木で1ねんですか?

私もアシタバを育ててますよ。
去年苗木4月13日撮影と同じくらいのサイズを買って庭で育てました。
秋に収穫をして今年の春になったら急に茎や葉が高く大きく育ち育つスピードが早くなって「やはり露地栽培は育つなあ」とこれからも収穫が楽しみだなあと思ってましたがなんか3つ植えてますが同時にとう立ちし始めました。
とう立ちして花が咲くには2年目の秋から3年目と思ってましたが苗を植えてから1年で終わりだなんて、何故だろうと思っていましたが
種が発芽してから1年後が買った苗と同じ大きさならばそこから計算したら実質2年目の終わりで花が咲き始める事になるみたいですね。

私は種蒔き経験は無いですがなかなか発芽しないし苗木屋で売っている大きさまでは1年くらいだと長いですよね。

今年もスペースがあって苗植えしたいのですが売ってないんです。
ネットで八丈島のアシタバが販売されているので買おうかと思ってます。高いですが。


ぜひ栽培日記をお願いしますね。

ゆきや | 2016.05.06(Fri) 21:56:43 | URL | EDIT

ゆきや様へ:はい、一年たった苗木です。

アシタバを育てておいでとのこと。わーお、心強いかぎりです。お初栽培なものですから、右往左往、どうしたもんかと思いつつおりますもんで。お声をかけていただき、とてもうれしゅうございます。

ゆきや様は苗をお買い求めだったのですね。
「春は育つスピードが早くなる」というところは、うちのベランダのとおんなじなんだなあと、安心いたしました。
それにしても、ゆきや様のところは露地栽培とのことですので、どんなにか大きく育ったことでしょう。もしやわさわさのジャングル状態?

また、販売されている苗はすでに1年たっているかもしれないのでしたか。アシタバの収穫期間はあんがい短いのだなあと思いました。なるほどなるほど。勉強になります。
うちではあんまりだいじにしすぎて、まだ初収穫もしてません。急がないと食べ損ないそうですね。

アシタバの苗ですが、そういえばうちのご近所さんでもみかけしないような気がします。
へえー、八丈島の苗が売られているのですね。なんとなく、丈夫でしっかりしてそうな気がします。

私もちょっと検索してみましたら、5本で千円というようなお値段でした。うーん、たしかにお財布が縮みそう…。
とはいえ種から栽培は、いやもうほんと、発芽にてこずったので、二度とできそうな気がしません。
私も苗を見つけたら、即、買う派になりそうです。

ゆきや様のところの貴重な3株さん。露地栽培が効いてしっかりした花と丈夫な種もできて、ひょっとしたら発芽もしちゃうかもしれないなあ、と考えてみたり。うーん、育てるか買うか、やっぱり悩ましいです。

「栽培日記」がつづけられますよう、がんばります。ありがとうございます。たった一株ですが。わはは

ともこ | 2016.05.07(Sat) 16:09:58 | URL | EDIT

種蒔きでも発芽率が悪いし大きな苗になるまで1年は長いですよね。

私のアシタバは八丈島産ではないかもしれませんよ。

数年前から何度か買ってましたが鉢だとよほど大きくないと立派に育たず去年は露地栽培をしました。まあ60cm位の土を取り出してフルイにかけて微塵を取って牛糞堆肥を混ぜてそれを元に戻して苗を植えました。

成長過程は去年5月に買った苗で 秋ころから収穫を始めましたが成長がやや遅かったですね。葉も今まで育てた事がある鉢植えと対して変わりませんでしたが
今年の春になったら急に背丈が1m位に大きくなり成長速度も早くなりました。葉の大きさは3倍くらいかと。「やはり露地栽培は違うなあ。いっぱいこれから収穫できるわ」と楽しみにしてましたが4月終わり位になってから新芽の出てくる位置が高くなって来ました。
3本植えましたがどれもです。成長スピードが急に遅くなってきましたね。
今はまた新芽が出ましたが更に高い位置からですのでこのままとう立ちして
いずれ花が咲くのではと思ってます。
ちょっと残念ですね。せめて秋まで収穫出来ればと思ってましたが。

庭のスペースは2つで 反面は今植えているアシタバがありますが
残りのスペースは今年もアシタバを植えようと思ってましたが今年は売ってませんでした。
今はネットで八丈島産のアシタバを購入しようかと思ってます。
5個で送料を入れれば2000円位ですって。
去年買った苗は5個で500円ですから。高いですね。

個人的な意見ですが
少し鉢が小さいかも知れませんね。 移植(移す)事が出来るかは良く分かりませんが100均で10号鉢が売っているのでこれくらい大きのに変えた方が良いかも知れませんね。

ゆきや | 2016.05.13(Fri) 11:38:58 | URL | EDIT

ゆきや 様へ

えーーーっ、露地で栽培なさるときでも、60センチもの土を取り出しておられたなんて!!
しかも背丈は1メートルにもなるという。
まるで、サトイモとかみたい。えらいこっちゃ、とんでもない大物さんだったんですねえ、アシタバって。

そうしてりっぱな大株になったけど、今度はトウ立がやってきちゃうというわけですか。

となると、これは株の大きさもさることながら、株の数がたくさんないといくつもの新芽を収穫できないのかもしれないなあ、と思ったりしております。

それにしても、苗のお値段がすごい! いやもう、びっくりすることばかりです。

私、なんとなく、アシタバをミツバと同じようにきらく~に考えてましたので、考えを改めなければなりません。
いっぱいお教えいただき、ありがとうございます。おかげさまで目が覚めました。ぱっちり!
さっそく、なんとか鉢を大きくしてみます。今は水耕栽培なので、土栽培に変更することも検討いたさねば。

ゆきやさまのお求めになられるという八丈島産ならば、お高いけれど、産地ですし、きっとしっかりした苗かと想像しております。
今度は、さらにたくさん収穫なさってくださいませませ。なんか、お楽しみですね♪
私も、次回の収穫は、せめて2本まとめてとりたいでーす。

ともこ | 2016.05.13(Fri) 19:20:40 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード