種から栽培のカキ菜終了のわけ

2016.04.28 15:12 | EDIT

ではじめの若い花芽と茎をつみとって食べるカキ菜なんですが。

4月17日は、こんなふうに茎がふっくらしておりましたんですよ。(写真の一番上がカキ菜。)
4/17 収穫したカキ菜とチコリなど

それが、このごろは竹串状態。ダイエットにでも励んでいるのでしょうか。
ほそーい花芽の茎

それでも、このまま待っていれば少しはふっくらさんになってくれるかと思えど、そうもいかないようです。

下の写真は、摘み取る場所をしめしております。
脇芽のでる場所をしめしています
新芽は、「0」のところからでているので、摘み取るとしたら、その上の「1」は次の新芽をださせるためにおいとくとして、その上の「2」より上のところをおりとるのだと思います。
となりますと、収穫は全長5センチほど。あら~、っちゅうぐらいに小さい。
それでいて、花は今にも咲きそうときています。あ~あ、待っていても茎は太らんということのようですな。

株は、それなりに大きくはなったんですがねえ。鉢は直径30センチ程度です。
カキ菜の株 全身の姿
もっと大きな鉢、たとえば直径40センチ以上じゃないと、十分な成長は望めないのかもしれません。

種まきしたのが去年の9月。初収穫がそれから半年後の3月の始め。その後2ヶ月くらいのあいだに、ちょぼちょぼ収穫できたことになります。「次から次に」、とはまいりませんでしたなあ。

む、む~、カキ菜のたぐいを栽培するのは、あきらめかなあとぞ思う。美味しいんだけどさ…。
カキ菜の種袋
せっかくだから、でっかい鉢、用立てますかね、思い切ってドーンと。←それ、おじゃまですってば。ワハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 葉菜類 - かき菜・菜花
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

菜花。
さすがに、もうすぐ5月。
終わりですよね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.04.28(Thu) 20:36:50 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

まったくもう、終わりですね。栽培終了にしました。なーんか、あっというまだったなあって思います。

それにしても、菜花って種類がいっぱいあるんですねえ。
これまで、このカキ菜のほかに、三陸つぼみ菜も栽培したことがありますが、結果は同じように「次々収穫」とまではいきませんでした。
今度は、私の住んでいるあたりでよく栽培されている「のらぼう菜」をためしてみようと思ってます。地域の気候に合うかもしれませんし。こちらは在来種ではなく、セイヨウアブナラナ科の系統だそうです。
なにがどう違うのか同じなのか、よくわからんのですが。

ともこ | 2016.05.01(Sun) 14:27:46 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード