園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2016.05.08.Sun

種からお初栽培「アシタバ」:食べてみました

水耕栽培をしております、アシタバです。種まきは去年の4月5日なので、約1年と1ヶ月たちました。(撮影:5/7)
水耕栽培のアシタバの株

茎の間から新芽がちょこんとお出まし。
アシタバの新芽

まだ小さい気もするけど、お初につんでみました。つやつやだ~!
つやつやのアシタバの新芽

摘んだばかりの茎から黄色の液体あらわる。
アシタバ 摘み取った新芽からでた液体
なめてみたら、にがいです。ふえっ。でも、これぞアシタバ。そうそう、こんな感じだった。ずーっと以前に食べたときとおんなじ。

それにしても、新芽の大きさと親株の葉の大きさとじゃあだいぶちがいますなあ。
アシタバの葉の大きさ
たった1本の収穫ですけど、どーやっていただきますかねえ。

とりあえず、具だくさんのお味噌汁におのせ申し上げてみましたが。
お味噌汁の浮き実的なアシタバ
あれえ? もうちょっとあったはずなんだけどなあ。破片が水没してしまったようです。

お味は、ちょいにがの青物の味。そして、うまくいえんのですが、口の中がすーっとする感じもありました。薬草風味かも。
こんなちょっぴりでも、かじったらちゃんとアシタバ味なのがおもしろいです。

そういえば、魚と一緒に醤油味のおつゆにしたのをいただき、それがとっても美味しかったことを思い出しました。伊豆大島に引っ越して間もない頃、ご近所の方がお鍋ごと運んで持ってきてくださったのでした。魚は地元でとれるタカベという小ぶりの魚でした。そうか、あれは魚をさっぱりと頂く料理法だったのかもしれません。

それにしても、うちの一株だけのアシタバに次の葉がはえるのは、いつでしょう。ま、「明日」じゃないことはまちがいありません。あさってでもないでしょう。お浸しにも天ぷらにもほど遠い分量ですし。あと何株あったら「明日葉」になれるかしら~♪

あ、そうそう。先日コメントをくださったゆきや様から教えていただいのですが、アシタバの苗はあまり売られていないのだそうで、ネットなどではお高いものなんだそうです。だ、だいじにいたさねば。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

2016.05.08.Sun

アシタバ。
大きな株となれば、すぐに次の葉が出てきますよね~

ポチ、ポチ、っと!
2016.05.09.Mon

kasugai90 さんへ

そうでしたか。まだまだ小さいですもんね。
よーーーーーしっ、ではでは、がんばって大株主めざします。
まずは、収穫をがまんしなくっちゃですね。はい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1199-c7a4edb4

 | HOME |