• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2016/05/12(Thu)

種まきから11ヶ月の四季なりイチゴ:栽培容器の失敗

いやちょっと、いくらなんでも葉が茂りすぎだろう、四季なりイチゴくん。(撮影:5/10)
5/10 ゴミ箱容器で水耕栽培の四季なりイチゴ
丸いゴミ箱で水耕栽培をしておるんですが、容器がかくれてしまうほどにモジャモジャ祭り。

のぞいてみましらば、なーんと赤いもんがチラチラっとはえてましたぞい。
葉をかきわけたら実ができていた

うれしがって、手のひらに房をのっけてみる。
四季なりイチゴの粒の重み
ちっさ! でも、これでも今まで収穫した中では最高の大きさです。もっとも、ぜんぶで数個しかとれていませんが。

では、収穫。手で持ってみても、かるいですわ。アハハ。
収穫した四季なりイチゴ
これだけの葉っぱが茂ってはじめて、5個の収穫ってことなんだなあ。もっともっと茂らないと、株が大きくならんと10個とか、複数の収穫はむずかしいのかもしれません。

根元をじーっと、のぞいてみました。げっ、新芽が容器のふちまでびっしりつまっておるではないか。
新芽が容器いっぱいになってしまった

えーっ、ランナーを出してふえるイチゴじゃなかったんだ、四季なりって。新しい芽は、となりとなりと隣接するところにだすものであったとは。それなのに、容器には、すこしのゆうよもなくなってますがな。なんとまあ今頃気がついておるしだい。

根はどうなっとるんじゃろ。
穴鉢から根がはみでておる
もうね、黒い穴鉢の網んとこがパッツンパッツン。やばいっ、割れそうかも。
あーあ、穴鉢は失敗でした。もっと広いカゴの容器を使うべきでした。

これこれ。右下にあるような四角いゴミ箱と四角いカゴにしたらよかったんだなあ、きっと。写真は、3年前に買ったときのものです。(←当時の記事はこちら)
栽培容器

ことに、この四角いカゴ。網目が大きいから、根が穴を通りやすくていいだろうなあと思うのです。
四角のカゴ
四季なりイチゴは、このセットにしたらよかったなんだなあ。
なお、この四角いゴミ箱とカゴのセットを水耕栽培に使うことを発見なさったのは、すくすく水耕栽培のyaefit1500さんだそうです。いいなあ、この発明。百均屋さんでそろえることができるのもありがたいことであります。

しかーし、わがやでは今、この四角いセットがトマトに使われていて手持ちがありません。急ぎ新調いたさねば。
しかも、今イチゴが入ってる穴鉢をじょうずに破壊して株を救出してやらねば、四角い容器にうつしかえることはできそうもありません。
うーむ、これが一番の難関。カッターで切れるんだろか、ペンチでできるだろか…。

ま、ともあれ、この日はおかげさんで、新鮮イチゴ入りヨーグルトをたのしむことができました。
ヨーグルトに添えた四季なりイチゴ
粒は小さいけれど、すっぱくて甘くてなかなかよろしい。一人、2粒か3粒かあ…。
うん、やっぱ株をもっと大きくしてやらにゃあ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : 四季なりイチゴ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 我が家のプランターの四季生りイチゴも・・・
    やっぱり過密は、ダメなんですよね~

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    kasugai90さんのところの四季なりイチゴもキビシイのでしたか。プランターでもなかなかむずかしいとなりますと、露地に植えるしかなさそうですね。うーん、悩ましいことで。
    密集した固まりから、なんとか株分けをじょうずにできないかあな、と考えてみたりしています。
    どうせこのままじゃ過密になっていくばかりですし。でも、いじりすぎて全部お釈迦になっちゃったりして、うっ。

Home Home | Top Top