園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12月種まきの水耕栽培トマト:終われない

当ベランダのトマトは今年も、ことごとくうどん粉病さんに愛され、葉が枯れ落ちてスカスカ~。

こちら、その涼しげな大玉トマトのブラック・クリムでござい~。
下葉が枯れ落ちたブラック・クリムの株

でもね、そんなしょぼい株でも、実が一つできておりますんですよ。直径6センチくらいでしょうか。
6センチになったブラック・クリムの実
この1個をだいじにいただいたら、名残惜しいけど、あとはすべて撤収しましょ。…そう思っていたんですが。

その株の少し上あたりに、小さい実を発見。
ブラック・クリムの実

さらに、下からは脇芽がにゅ~っと、はえておる。
ブラック・クリムの脇芽

脇芽のさきっちょには、花芽が密集。
ブラック・クリムの脇芽から出た花

しかも、なにゆえか、この脇芽とてっぺんの葉はうどん粉さんに見過ごされてるらしく、たいそう青々としているのです。
ということは、「これから人生やり直しますぞ満々」ということですかいな。

いやあ、まいりましたなあ。
いえね、わたし、てっきりおしまいになるだろうと思ったもんで、新しく第2弾を種まきしたんです4月9日に。それがもういっぱしの苗になりかけてて。

ほら、ここに3株。
4月種まきのトマト2種

ここにも3株。
4月種まきのトマト2種
とっくに定員オーバー。

しかも昨日、トマトの栽培容器が足りないからと、あせってスチロールの箱を600円もだして買っちゃったんです。
でも考えてみたら、そもそも株が並びきらない満員のベランダに、こんなでかいもんを置きようがないんでした。
おもいっきりな無駄いでした。ガクッ。
あ~あ、植物の未来を予想するって難しい。

残ったのは、狭いウナギの寝床室内に、でかいスチロール箱が、ドーン。わはは。
水耕栽培用のスチロール箱

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 18:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トマトの苗が、たくさんあって困っている。
全部育てられないのですから、処分していくしかないですよね~

| kasugai90 | 2016/05/25 21:51 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

はいっ、さっそくベランダの苗(トマトに限らず)の処分検討会をひらきました。出席者は私一人ですが。

気に入ってるから残したい野菜が必ずしも元気な苗というわけじゃないとか。
そうだいじにしてないのだが、とても元気な野菜苗もあったりで、なんだかおもしろいです。
迷ってるうちに、梅雨がきて傷むものが増え、そのうち自然淘汰されちゃったりして。
おかげさんで、いろんなことが学べるなあと思います。

| ともこ | 2016/05/26 14:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1210-d4d16bfe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT