• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2016/05/30(Mon)

四季なりイチゴの水耕栽培:種まきからもうじき1年

四季なりイチゴを水耕栽培しています。これまでは丸いゴミ箱(左右にあるような容器)だったんですが、もう少しだけ大きな四角いゴミ箱に引っ越しました。
四季なりイチゴの株 四角いゴミ箱による水耕栽培

四角いごみ箱は容器が大きいだけでなく、培養土の分量も多いんです。

以前、丸いゴミ箱に穴のあいた鉢をセットして栽培していたときは、こんなふうに培養土がちょっぴりだったんですが。(撮影:5/10)
穴鉢での栽培(5/10)

今度の四角いゴミ箱のには、手前に余裕がありますでしょ。
四角いザルの中にバーミキュライトがいっぱい

なにしろ、この四季なりイチゴときたら、ランナーをだすんじゃなくて、新芽が根元のすぐとなりへとなりへとくり出して株を大きくしていくものだったんですわ。つまり、培養土の面積に余裕をもたせなくちゃならんのでした。

なお、引っ越しの際、鉢の下にはえていた根は、もったいないけどすべてバッサリ切り落としました。
水耕栽培のイチゴ 穴鉢の下にはえていた根
だってそうしないと、穴のあいた鉢からとりだせなかったんだもん。

ゲッ、そんな荒療治をして大丈夫かいな。

引っ越して1週間ぐらいたちますが、新しい根はまだカゴから出てないようです。
ザルからは、まだ根がでていません。

でもでも、しおれる風でもなく、新しい実をつけていました。あんがい大丈夫なのかも。
つるに実が複数個ついてます

この日の(5/28)のおつまみ。
5/28 収穫した四季なりイチゴの実
あまずっぱくておいしい。ああ、もっといただきたい、ってところでおしまい。ちょっぴりなんだもん。なんかね、食べ終わったときって、夢からさめたような気分になるのでした。ううっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : 四季なりイチゴ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 我が家の四季生りイチゴ、実は生るのですが・・・
    食べ頃になると、すぐに鳥に食われているようです。

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    えーっ、鳥が食べちゃうんですか。せっかく育てたのに、ため息がでちゃいますね。
    きっと、とっても美味しいのだろうなあ。
    食べたら竹の筒にお代を入れるか、お礼のつづらでもおいてってもらいたいところです。

Home Home | Top Top