園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

シソとバジルとパセリ:大きいことはいいことだ♪

2016.06.02.Thu
夏用の薬味をあれこれ種まきしました。バジルとシソとパセリです。ただいま双葉と本葉がちょっとお出まし中。(撮影:5/31)
シソとバジルとパセリ
(あ、黄色の花はキュウリの雄花です。なんかね、きれいなので、このあと、お味噌汁の浮き実にしていただきました。ズッキーニの雄花もそんなふうにしていただいたので、キュウリもやってみたかったのです。)

こちら、バジルのなかでも大きな葉になる、ボロッソ・ナポリターノ
大きな葉になるバジルのボロッソ・ナポリターノ
昨年もバジルを育てましたが、そのとき、小さな葉になるバジル・マルセーユよりも、大きな葉になるこの品種のほうが丈夫で長く栽培することができました。そこで、今年はボロッソだけを栽培。

あ、でも紫のパープルバジルも1ポット分だけあります。
紫色になるバジルのパープルバジル
なんとなく、色がたのしくて、香りも強めなのがすてがたくて。

シソは、2種類。右の香り大葉シソと、左の青ジソです。
香り大葉シソと普通のシソ
こちらも、去年の記録では、大きな葉になる香り大葉シソのほうがよく育ったようです。今年も同じ結果になるのかどうか、こちらは2種類とも種まきしてみたしだい。

そして、これまた大きな「ジャンボ」という名前がつくイタリアンパセリ。
ジャンボイタリアンパセリ
大きな葉になるものは、なにかと丈夫なんでしょうかねえ。このパセリは去年初めて栽培しましたが、しっかりした大株に育ってくれたので、このたびもジャンボです。

小さいベランダなので、ほんとは小ぶりな植物を育てたいところなんですけど、わがやの場合の実験結果はどうも大きなもののほうがわりあいうまく育ってくれてるような気がします。

しかし、お邪魔です。中玉トマトのMr.浅野のけっさくを育てておりますが、丈夫だし美味しいんだけど、枝葉が大きくてほんっとにお邪魔さま。
あ~あ、どっかに、小さくても美味しくてたーくさん実ができる野菜、ちなもんがないかねえ、とぞおもふ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック