園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2016.06.03.Fri

出遅れてる種から水耕栽培のナス

こちら昨年12月10日に種まきしたヒスイナス。お初栽培の品種です。(撮影:5/31)
ヒスイナスの株
なかなか大きくなりませんでねえ、暖かくなってからやっとこさ苗らしくなってきました。
「ヒスイ(翡翠)」というだけあって、実だけじゃなくて、枝葉全体の色も黄緑色になってるみたいです。

おっ、つぼみ発見!
ヒスイナスのつぼみ
一番花はすでに摘み取ってしまったので、このつぼみがうまく育ってくれたら、最初の収穫になるはず。期待に胸うちふるえますなあ。ふひゃふひゃ。

この他に、去年の暮れにはこのヒスイナスと一緒に「水ナス」も種まきしたのですが、なにゆえか発芽率もよろしくなくて途中で撃沈。このヒスイナス一株のみが生き残りました。むずかしいですのう。

しかし、たった一株じゃあさみしいというので、あわてて次の種まきをしたのが4月9日。もうちまたではりっぱな苗が出回ろうかという時期にです。はたして、どの程度育つものやらなんやら。

こちらがその出遅れて4月9日に種まきした、水ナス
水ナス
お初栽培です。へー、茎や葉はふつうに紫色をおびてるんだ。「果肉を絞ったら水がぽたぽた滴るナス」らしいんですけど。
うちのはスカスカだったりして。いや、そもそも実がなるんだろうか、ではあります。

カプリス
ナスのカプリス
たしか3度目の栽培。紫と白のしましまの実がたのしいです。実はやや固めだったかな。収穫量は、例によって、ごく少量。得意の観葉植物におなりでした。ナスは毎年苦戦してるんでございます。

ロッサビアンコ
ナスのロッサビアンコ
今年が2度目の栽培です。こちらも昨年はごく少量の収穫。ソテーしたらとても美味しかったのはおぼえているのですが、なにぶんお口にはいる分量がすくのうございましたのでねえ。ああ、1個丸ごと全部一人でかぶりつきたいもんであります。

…てなわけで、出遅れ組のナスが狭いベランダにぞろっと並んでおるしだい。
1個でも収穫できたらめっけもん。いえいえ、「一株でも生き残ってくれたらありがたや」です。ま、そう思うことにしましょ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

2016.06.03.Fri

気温が十分に上がってきた5月。
インド原産のナスの種蒔きをするには、ちょっと遅いほうがいいですよね~
これから、すぐに大きくなってきそうです。

ポチ、ポチ、っと!
2016.06.04.Sat

kasugai90 さんへ

はい、ほんにその通りでした。ナスは、ゆっくりまいてすくすく成長が持ち味だったんだなあと、今ごろですが。

インドに行ったことはありませんが、現地のナスはどんなだろうか、種類もいっぱいあるのかな。多年草だそうですが、去年の株の姿って植木みたいなんだろうか、なーんて思ってみたりしています。

そうですね、暖かくなるにつれて株が大きくなり、ついでに実の方もドーンとたっぷり、でお願いしたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1216-2241d1fe

 | HOME |