水耕栽培のキュウリ「なるなる」がなるなる

2016.06.07 15:46 | EDIT

初めて栽培する品種、キュウリの「なるなる」。種まきが3月4日です。そして最初の1本を収穫(5/8)してから8日たちました。
そろそろ2本めはどうかいなあ~と思ってましたら、珍しくずらりと連なってできてました。(撮影:6/6)

6/6 キュウリの「なるなる」実が5本

1.2.3…つい数えちゃいますなあ、全部で5本かあ。

どれどれ、一番大きいのはこれかいな。
6/6 節から実が2本できていました。
ほ~、よくみれば、節からもう1本おでましの気配あり。けっこうなお手前で。

ネットで種のサイトさんなどを拝見しますと、キュウリは「早めの収穫をこころがけましょう」だそうですから、さっそくいただきます。ブチッ。
6/6 キュウリの「なるなる」1本と四季なりイチゴ収穫
一緒に四季なりイチゴもほんの少々。

翌日、7日。むふふ。このぶんだと、明日あたりには、一挙2~3本いけるかもじゃ♪
6/7 キュウリの「なるなる」2~3本一挙収穫かも?!

いやあ、例年キュウリはうどん粉病やらなんやらで撃沈するのが常ですが、このたびはたいそう張り切っておるようです。
こんなにも元気キュウリであるから、生長点がものほしざおに達したからといって、摘心するのはもったいないがのう。

もの干し竿に達したキュウリの「なるなる」

と、思っておりましたらば、すくすく水耕栽培のyaefit1500さんから「…以前、宙吊り栽培でやってみたとき(なのでツルを切ることはしなかったんですけど・・・)は、どんなに育ってもちょうどいい位置に実がなって、便利でしたよ。」とのコメントをいただきました。おお、これはぜひやってみようじゃないの。

というわけで、もの干し竿を伝う横移動作戦開始!
もの干し竿の先からは、横にはわせることにした
なるほど、これならば、収穫ブツはつねに目の前。こりゃあいい眺めになりそうですぞい♪

ところで、そんなお元気キュウリがあと2株もあるんでございます。

こちらは、先のキュウリの株より1ヶ月半ほどあとの種まき(4/20)だったんですが…。
もう雌花が咲いちまってるがな。
4/21に種まきのキュウリ「なるなる」に花咲いた

〈最初の種まきの株が衰えたあたりで、第2弾の株がもりもり育って行く〉というストーリーだったんですがねえ。このままでは、あとからの2株も「もの干し竿横移動作戦」かいっ。もの干し竿、この上にないし。
いや、そもそも、このスペースには,今育っているトマトの苗がくるはずだったんです。けど、今現在伸び盛りなものを優先にすると、トマトは室内側に後退。日があたるフェンス側はキュウリ様が陣取るという番狂わせ。ちっとも、先が読めませんなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

立派なキュウリが、これからたくさん取れそう。
毎日、嫌になるほど食べなくてはいけない!?

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.06.07(Tue) 21:46:43 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

ワハハ、一度いってみたいもんです。
「ああ、もうキュウリ、食べあきちゃった。カッパになりそ。」な~んてね。
そういえば、畑で、収穫し忘れてヘチマみたいになってしまった巨大キュウリをみたことがありますが、いっぱいとれるって、あんな感じなのかもしれません。

いやはや、キュウリの株が自分の背丈をこす大きさになったのは初めてです。きっと、らくに栽培できるように品種改良してくださってるんだろうなあと思います。

ともこ | 2016.06.08(Wed) 15:36:00 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード