園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

12月種まきトマトの実:ゆっくり大きく

2016.06.08.Wed
昨年12月に種まきしたトマト3種類が6株あります。収穫は、いったいどれくらいの間隔でできるんでしょう。

初収穫が、5月26日。2回目が、2日後の28日。3回目は、3日後の31日でした。

こちらはその3回目のときのものです。(5/31)
5/31 トマトの収穫
収穫といっても、片手にのるほどでーす。左側が中玉のMr.浅野のけっさく。右のちっこい2個が、ミニトマトのピッコラルージュ。

では、4回目は…といいますと、これがまあだいぶあとになりました。

6月8日になって、ようやくこんな感じ。それと、キュウリの「なるなる」が2本とれました。
6/8 4回目の収穫のトマトと、2本とれたキュウリのなるなる

いやあ、待ち望んでますとなかなかですなあ。

トマトの株は、うどん粉病にやられて下葉のない状態なんですが、どういうわけか中間から上は病がぴたりとやみ、普通に茂りはじめています。

右側にならんでいるのが中玉のMr.浅野のけっさく。全部で3株あります。
トマトの株のようす(Mr.浅野のけっさく)

それぞれ栽培容器が異なるせいか、成長具合もいろいろです。

一番よく育っているのが、エアレーション育ちの株(ホームハイポニカぷくぷく←アフィリエイトはしていません)です。
ぷくぷく育ちのMr.浅野のけっさく

そのぷくぷく装置育ちの3と4段目。段の間が狭いのでくっついてみえます。
ぷくぷく育ちのMr.浅野のけっさく

そして、同じ株の5段目。
ぷくぷく育ちのMr.浅野のけっさく

一方、こちらは発泡スチロール箱育ちの中玉・Mr.浅野のけっさく。その6段目の実。
発泡スチロール箱育ちのMr.浅野のけっさく
二股に分かれて実がついてました。ふーん、このあたりの高さが充実した感じになるのかなあ。

3つめの株は、丸いゴミ箱育ち。こちらは二股のような豪華な実のつきかたはみられませんが、なにやらおもしろいもんができてました。
丸いゴミ箱育ちのMr.浅野のけっさく
いったん実ができているのに、その先にまた枝が伸びて花が咲いてました。ここから別のルートを作るおつもりのようです。おもしろいなあ。

…てなわけで、下葉がない状態ではあるけれど、それなりに育っているようで、ちょっと安心してます。

しかあし、こベランダの隅方面のトマト株はちょっと難ありでございまして。

大玉(になるはず)のブラック・クリムとミニのピッコラ・ルージュなんですが…。下がいっそうスカスカ~。
トマトの株のようす(ピッコラルージュとブラッククリム)

それでも、ミニトマトのピッコラ・ルージュには、かろうじて4段目に二股あり。
ミニトマトのピッコラルージュ
わーい、よかったあ。ここでなんとか収穫らしきものができるかなあと期待しておるんであります。

それにしても、青い実が赤くなるまでって…………………………長いのう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

2016-06-08.Wed 23:10
近所の小学校でも、子供たちが育てているミニトマトが、色づいていました。

ポチ、ポチ、っと!
URL|kasugai90 #8EUMTJq.[ 編集]

kasugai90 さんへ

2016-06-09.Thu 19:51
わーお。お子たちのミニトマト。どんなにか楽しみになさってることでしょう。
私、仕事で保育園さんに伺うのですが、ダイコンやニンジン、バジルなどなどを植えていらっしゃるところがありますと、ついつい園の方やお子たちと野菜話に花が咲きます。
野菜栽培って、なんか気持ちをはずませちゃうのかな、と思ったりしてます。
URLともこ #VgdABggw[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック