ちょっぴりだけど水耕栽培のエダマメ初収穫

2016.06.11 17:05 | EDIT

3月4日に種まきしたエダマメのたんくろう。3ヶ月ほどたったことになりますが、どうでしょう、ぼちぼちよろしいんじゃございませんこと?(撮影:6/10)
水耕栽培のエダマメ「たんくろう」

ではでは、ハサミでチョキチョキ。
6/10 初収穫のえだまめ「たんくろう」
3鉢で、手のひらにのる程度の分量。ぶふっ。いいのいいの、収穫できたんだもーん。

洗って、塩をふってフライパンにいれてふたをし、水をいれずにそのまま数分、蒸し焼きにしました。
つきだし程度の分量 エダマメのたんくろう
小皿にのせたら、飲み屋さんのつきだしみたい。(ちょっとしか入ってないっていう、あれ。)
それでも、お味は美味しいです!甘くてですねえ、むちっとしてて。ほほ~、って感じ。

あ、そうそう。たんくろうは、黒豆だそうですから、豆は黒いのかなあとおもったんですが?
エダマメのたんくろうは黒豆だそうだが、色は?
右の豆がじゃっかん黒いかなあ、ってとこでしょうか。充分に熟せば黒くなるのかな。
 
とかなんとかいってるうちに、はいっ、あっというまに完食。そりゃそうだ。

お次はいつ食べられるかしらねえ。4月24日に種まきした第2弾が待たれます。ベランダに行ってのぞいてみたら。
風が強くて、鉢ごと斜めにお倒れになってました。ひえ~!(6/11)
風で斜めに倒れてるエダマメの「たんくろう」と「秘伝」
もうね、しょちゅうなんです。ペットボトルの液肥が欠乏すると、なおさらこれですわ。
マンションの6階なもんですから、風がよくあたるんでしょうねえ。たまに鉢ごと床に落下してたり…。

どれどれ、お豆のぐあいはどんなもんですかね?
「たんくろう」の豆部分
まーだまだ。あかちゃん、でした。先は長いのう。ビールのご用意はとっくにできてるんですがねえ。

【おまけ】
マンションのご近所さんからグミをいただきました。共有のお庭で育ててくださってるんであります。
枝ごといただいたグミ

ぷらんぷらんと、愛らしい。
グミの実
甘くて、すっぱくて、渋くて。野原の、ちょいとたのしいおつまみ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - エダマメとヒヨコ豆
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

我が家でも、丹波の黒豆を蒔かなくては・・・

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.06.11(Sat) 22:26:03 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

「丹波の黒豆!!」
おお、“幻の黒豆”じゃあござんせんか、と叫んでしまいました。うちでは、お正月の特別セットでなければお目にかかれぬお品なものですから、つい。
エダマメとしても、お正月セットでもと、ながーくおたのしみがつづきますね。栽培にも、なんだか気合いが入りそうです。どうぞ、たーんと収穫なさってくださいませ~♪

ともこ | 2016.06.12(Sun) 15:05:36 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード