園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お初のラッキョウ漬け

ラッキョウを食べることはあっても、育てたことも漬けたこともなく今まで生きて参りました。もちろん梅干しも沢庵漬けもいただくのみ。漬け物づくりは難易度の高い遠い世界のできごとと思っておりました。

それが先日、ブログにてお世話になっております鳥取県・岩美町のミーコさんからラッキョウ作りの材料一式を頂戴したことから、いざ初挑戦へとあいなりました。

ラッキョウ作りの材料一式と申しますのは、まず、ミーコさんが昨年漬けられたという完成品2種です。
6/22 らっきょう漬け2種類〈赤いのはビーツ漬け〉
うまし! 赤いのは、ビート〈ビーツ〉と一緒に漬けたそうです。そのビートもカリッとして美味しいのでした。ポリポリ食べて食べて食べて…。いやあ、とまらんじゃないか。

これはいったい、どうやって作るんじゃろう?

はいっ、それならどうぞこちらをご覧下さいましとばかりに、お手書きのレシピつき。
ミーコさんのらっきょう漬けレシピ

なになに、「ラッキョウの塩を抜く」とな。あらま、すでに「塩漬け」という工程までがすべて完了したラッキョウでした。
6/22 切って塩漬け済みのラッキョウ2㎏
ミーコさんはお仕事でもラッキョウ切りをなさっておいでだそうで、切り口がキリリと鋭角。お見事!

さらに、漬けるときに一緒に入れる「らっきょう酢」〈トキワ株式会社/兵庫県美方郡香実町〉も同梱。これにて準備万端。
こうなりますと、「いざ、美味しいらっきょう漬けに挑戦じゃ」てな闘志がむくむくわいてこようってもんですわな。

さっそく、塩漬けされたラッキョウをボールにいれて水洗い。すると、皮がいーーーーーっぱいはがれてきます。「ゲッ、もったいない」と思うんだけど、そうやってどんどん取ってしまうものなんだそうな。ちびてなくなっちゃわないのだろかと、ちょい不安。

そののち、水道の水をたらたら流しながら、〈でかけるときは水を止めつつ〉塩抜きを2日ほど。
一粒つまんで塩梅をみるんだけど、よくわからんのだなあ。ま、いいか。

次に、ラッキョウを熱湯につけたら、白くてピッカピカのつやつや。美人さんじゃん。
6/24 塩抜きして熱湯に通したラッキョウ。つやつや。

いよいよ最期の工程。ガラス容器を蒸し器に逆さまにおいて蒸気消毒。さらにアルコール液もふきかけて消毒完了〈のはず〉。

容器にくだんのラッキョウと「らっきょう酢」をいれましたぞ。
6/24 らっきょう酢と内藤トウガラシを入れて漬ける

おーっと、トウガラシもお忘れなく。このトウガラシは、当方のベランダ育ち。種は、ブログ「はっぱの笑子らいふ」の葉っぱさんから頂戴した内藤トウガラシであります。

さ、あとは寝て待つだけ。で、いいのかな?10日ほどしたら食べられるようになり、1ヶ月するとさらに美味しくなるそうです。 

私の目標。美味しく漬かるとか、カリカリになってほしいとか思うんでありますが、なによりなんとか「食べられるものができること」。どうか、レッドカードのカビがはいりませんように…。

ところで、「らっきょう酢」ってどんなもんなんだろうと、近所のスーパーで売っているお品〈ミツカン〉も買ってきて味見してみました。
ほ~っ、ミツカンさんは、甘みが強くこってりした感じ。トキワさんのは、すっきりさらっとおだしが効いた味。このちがいは、どこからくるのでしょう? それぞれの成分の記載はこのようになってました。左がトキワ、右がミツカンです。
らっきょう酢の成分をくらべる
お味のお好みは十人十色かも。(私は、トキワさんに一票かなっ。)

私、じつは恥ずかしながら、鳥取県がラッキョウの産地だということを存じ上げませんでした。たまたま、らっきょう漬けの方法をネットでも検索してみようというので眺めていたら、とっても見やすくていいサイトさんがあり、それが下記の鳥取県の農協さんだったのです。そこで初めてラッキョウが御地の特産品であることにようやく気がついたというわけでして。
イエ~イ、おかげさんで賢さが1、漬け物力も1、上がったかも~♪

全国農業協同組合連合会鳥取本部 「らっきょうの漬け方」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 未分類 | 16:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鳥取県、らっきょの産地ですよね~

こうして自家漬けの物が食べられるのは、嬉しいですね!

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/06/25 21:11 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

アハハ、ちっとも存じ上げず、お恥ずかしです。
ネットで、鳥取砂丘の一面にラッキョウの花が咲いている写真を拝見しました。いやーなんとも美しゅうございました。
はい、おかげさんで、漬け物って自分で漬けられるものなんだー、と今さらながら感動してます。
瓶をせっせとふってまぜまぜする日々。食べられる日がとってもたのしみになりました。
問題は、これが成功体験になるんだかどうだかでーす。かびるもなにも、ちょいちょい味見して食べちゃったりして。

| ともこ | 2016/06/26 11:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1229-82f0e010

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT