種から水耕栽培のトマト:ほぼ撤収だなあ

2016.06.27 19:59 | EDIT

どうですぅ~、風通し満点の涼しそうなトマトの株でございましょう?(撮影:6/26)
Mr.浅野のけっさく 下と中間の葉がなくなって実がついている
株の上の方には葉が若干あるんですが、うどん粉攻撃にやらてましたんで、ごらんのとおりさっぱりしたもん。
それでも実は残ってくれましたんで、ありがたいです。

こちら、発泡スチロール箱で水耕栽培しておるMr.浅野のけっさく
ぷくぷくなしのMr.浅野のけっさくの実

そしてこちらが、エアレーション(ホームハイポニカぷくぷく)を使用して育っておる同じ品種の株。
ぷくぷくありのMr.浅野のけっさくの実
ぞろっと実ができてます。エアー付はさすがに生長がよろしいようで。

さあさあ、この貴重なトマトちゃんをいただくことにしましょうか。

6月25日の収穫。
6/25 収穫したトマト・Mr.浅野のけっさく

翌日26日の収穫。
6/26 収穫したトマト・Mr.浅野のけっさく

あ、あのう、食べても食べても、美味しくないんですわ。まずいってことはないんだけど、去年もいただき、今年も初収穫から数回ほどいただいておったあのめちゃ美味しいMr.浅野のけっさくさんの面影はありません。
うーん、さびしゅうございますなあ。

原因は、おそらく日照不足だと予想します。去年暮れ近くまで栽培したときもハダニやらうどん粉にまみれてたけど、お味には影響しませんでした。つまり、秋から冬にかけて陽射しがよく入る当方の南向きベランダは、その時期なら美味しく育つのでしょう。しかし、今は直射日光が1時間程度しかあたりません。そりゃあ、お味も落ちますわなあ。

あ、落ちるのは味だけじゃないようで、株の育ちもよろしくはございません。4月に種まきした同じ品種の株がひょろひょろりんンですもん。

ほらね。この付近で育てたゴミ箱栽培の株もひょろひょろだし。
4月に種まきしたトマト・Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱)

4リットルのペットボトルのも同じく、ひょろりんちゃん。
4月に種まきしたトマト・Mr.浅野のけっさく(ペットボトル)

もっとも陽射しがはいるフェンスの株も、多少はましだけど、これですから。
4月に種まきしたトマト・Mr.浅野のけっさく(フェンス)

しかも、もれなくどの株もうどん粉さんに愛されちゃって可愛がられちゃって、真っ白でござんす。
というわけで、これら4月種まき株はすべて撤収コースとなりました。実もつきはじめてたんだけどなあ…。

先にご紹介したもっか収穫中の3株はまだ温存していますが、もうあと数個収穫したら青いままでも収穫、追熟してトマトソースになってもらうことにしましょう。

あ~あ、なんかもう、夏が終わったみたいな気がしますわ…。(←トマト喪失による一時的なショック。一晩寝ればケロッとなおります。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

やはり植物の成長には、日照が大切ですよね~

秋トマトなら、もう少し上手くいきそうですね!

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.06.27(Mon) 23:13:31 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

はい、おかげさんで日照と植物の関係がよーく身にしみました。

「秋トマト!」。 kasugai90さん、そう、それです。すでに種まきをしちゃいました。
うちのベランダでも、なんとかうまくいく栽培サイクルをみつけていけたらいいなあと思ってます。

ともこ | 2016.06.28(Tue) 11:14:56 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード