すでに撤収したトマトのこと(備忘録として)

2016.06.28 19:41 | EDIT

すでに撤収したトマトのうち、記事にしていなかった2種類のトマトのおしまい頃のようすを記しておきたいと思います。

ミニトマトのピッコラ・ルージュの株姿はこんなでした。(撮影:6/20)
6/20 ミニトマトのピッコラ・ルージュ 株姿
葉はなし。棒だけ~。

ま、それでも実は赤くなってるものもあり収穫しましたぞ。
6/20 ミニトマトのピッコラ・ルージュ 収穫
お味は、わりと甘みがありすっぱさもありでした。こんな株ですから、本来の味とはいえないのかもしれません。

しかし、それから1週間ほどしたら、青い実がぽたぽたと落下。
さすがに株としては生きておらんのでしょう。あきらめてすべての実をとり、終了としました。(6/26)
6/26 ミニトマトのピッコラ・ルージュ 最期の収穫


そしてもう1種類。大玉のブラック・クリムのことです。
「ブラック」というくらいで、色味はダークな雰囲気でございまして。(6/5)
6/5 トマトのブラック・クリム 収穫

お味は、甘さ少なめ、酸っぱさほとんどなし、おだし味少なめでした。

6月16日の株姿は、葉が上のほうに多少残ったヤシの木風。
6/16 大玉トマトのブラック・クリム 株姿
残った葉も全身うどん粉にまみれていましたので、他の野菜にうつってもいかんしなあというわけで、こちらもおしまいに。

実も全部とっちゃいました。
6/16 トマトのブラック・クリム 最期の収穫

とった青い実はそのままおいとくと、いつしか赤くなるんであります。(6/28)
追熟させているトマト(ブラック・クリムとピッコラ・ルージュ)
赤くなった実から順に冷凍庫で凍らせ、水にはなてば皮がするっと簡単にむけますのじゃ。これをばソースに使おうという趣向。

トマトの株は今、他にまだ撤収しきれていないのが3株残ってます。青い実がそこそこぶらさがってるもんですからもったいなくって。
ま、これもじきソース用になることでしょう。うれしいなあ、トマトソースがいっぱいできそうですぞ。うっ、うっ…。


ところで、これまでブラック系のトマトをいくつか栽培したけど、美味しかったのはどれだったかなあと、思い返してみました。

ブラック・ゼブラ(赤と緑のしましまで中玉)>ショコラ(茶色の大玉)>あるいは=チェロキー・チョコレート(大玉)
ブラック・クリムパープルロシアン(縦長の大玉)
…の順番だったような。(収穫量はパープル・ロシアンが抜群でした。)

こうしてみるとブラック系は、日本の普通の赤いトマトとくらべるとお味がなかなか難しいなあと感じます。
それでも、いろんな国のトマトを味わってみるのはおもしろいので、びびらずにまたためしてみよーっと♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

トマト。
撤収ですか~
脇芽から、予備苗は作っておかなかった?

秋になったら、また育ててみたいですね!

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.06.28(Tue) 23:08:51 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

予備苗もじつは作ってみたのですが、ことごとくうどん粉にまみれてしまいました。うどん粉さんは、ひょっとしたらうちのベランダに住み着いていらっしゃるのかもしれません。
狭いんだから、貧乏神さんだけでも定員オーバーですのにねえ…。

はいっ、秋にむけてがんばりまーすっ! エイエイオー、です。  

ともこ | 2016.06.29(Wed) 14:04:29 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード