• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2016/07/01(Fri)

水耕栽培のバジルとシソがでかでか

5月の末に種まきしたバジルとシソ。2リットルのペットボトルで水耕栽培しています。
いつのまにか、だいぶ大きくなりました。(撮影:6/28)
バジルのボロッソ・ナポリターノと香り大葉シソ

いやあ、「だいぶ」どころじゃないかも。「かなり」といえましょう。

シソ(香り大葉シソ)は、これだし。
香り大葉シソ

バジル(ボロッソ・ナポリターノ)も、こんなだし。
バジルのボロッソ・ナポリターノ
ボロッソという品種は大きな葉になるとはいえ、いやちょっとナンですがな。

ペペロンチーノのお皿にのせてみました。
ペペロンチーノにのせたバジルのボロッソ・ナポリターノとシソ
「かぶせた」といった方がいいかも。
左の皿、中央にポチッとあるのは黄トウガラシ。去年収穫して冷凍しておいたものですが、辛味がよーく効きます。

シソの水耕栽培は、ペットボトルだけでなく、穴をあけた鉢でもためしております。

下の写真のうち、白い内側の鉢の中には、苗とバーミキュライトを入れ、外側の緑のお皿には、液肥(大塚ハウス)を注いでます。液肥は穴から鉢の中に流れ込み、いずれ液肥がへってきたら追加してます。
水耕栽培(固形培地耕)のシソの栽培容器

なお、この白い鉢は、この前ミーママさん(ブログ:まりちゃんのベランダ水耕栽培)からヤグラネギの苗をいただいたときのもの。ミーママさんがハンダごてであけてくださった穴がいくつもあるので、いい感じに空気が出入りしそうです。

とまあこんな栽培方法も、水耕栽培の一種なんだそうで、「固形培地耕」というのだそうです。

bigtomato さんのブログ「水耕野菜生活、イイネ!」の記事、
「ああ!勘違い('_') 養液土耕ではなく固形培地耕でした!」 
を拝見して知りました。水耕栽培もいろんなのがあるんだなあ。

さて、この栽培方法ではどんなふうに育ちますやら。おたのしみで~す。
水耕栽培(固形培地耕)のシソ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : シソとバジルとパセリ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • シソが、しっかり育っていますね~
    我が家でも、このくらい育って欲しいです。

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    シソは、そういえば思い出しました。今頃はわりあい大きく育ってくれてるんですけど、梅雨が明けるとあまりよく育たなかったように思います。しおれちゃったり、株が小さいままだったり。
    もしかすると、真夏のベランダの床が暑くなりすぎるのかもしれません。

    kasugai90さんのところはきっと、夏が来たらぐーんと生長なさるのかも。冷や奴に、ソーメンなどなど。
    いっそう美味しくなりますもんね。

Home Home | Top Top