園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種から水耕栽培のナス4種:花咲いて実がなってほしいダニ~

お初に栽培する品種の水ナス。なんだか、株姿が小ぶりで、ほっそりさんになってます。(撮影:7/15)
7/15 水ナスの株姿
なーんか変じゃ。

葉の裏をみてみた。(7/17)
7/17 水ナスの葉裏(チャノホコリダニ?)
手触りは柔らかさに欠けてカサカサとしており、ギラリとつやのあるたたずまい。
き…きさま、何者ぞ? さては、チャノホコリダニか?

なにっ、新芽がくねくねと変形して黒く、生長点が欠落しているではないか。(7/17)
7/17 水ナスの新芽の奇形
さてはおぬし、スジブトホコリダニ。むむー!!

せっかく実がついたというのに。(7/15)
7/15 水ナスの実

さらにその紫色のお尻がちょこんと顔をだしたというのに。(7/17)
7/17 水ナスの実

ゆ、ゆるせん!

どうしたもんかのう、と思ってましたらば、これらのダニを補食する天敵「スワルスキーカブリダニ」なるダニがいるんだそうで、薬剤として販売されていました。しかーし、これがめっぽうお高いのだ。2万5千頭入 /250ml/ ボトル製剤で1万5千円なにがしとか。ティーバックパックみたいなパック入り製品/250頭入り×100パック=1万7千円あまりとか。いずれも農家さん向けの大容量でした。

…はーい、というわけで、もはやこれまで。撤収!
(あ~あ、こうして、お初栽培の味見をすることもなく消えていきましたとさ。)

ささっ、今お元気に残っておるナス3株の未来を考えることにしましょう。まずはこの2株です。

左のぼうぼうに茂っているのが、ヒスイナス(薄緑色の実)。右がカプリス(紫と白のしましまの実)。
7/15 ヒスイナスとカプリス

ヒスイナスは、すでにお初収穫の実をいただいており、これは2番目と3番目です。(7/15)
7/15 ヒスイナスの実

それから2日後(7/17)。おや、もうちょい大きくなりました。
7/17 ヒスイナスの実
ひょっとして2個いっぺんに収穫できちゃうかもお~♪ ふひゃふひゃ。
最初の収穫は、ちっちゃいのが1個だったからねえ、お味なんてわかりませんでした。
ヒスイ君。おぬしもお初栽培なんだから、ここはぜひとも、踏ん張ってもらいたいんである。


さてと、こちら。紫と白のしましまの実になるカプリス。花芽ができてます。
7/17 カプリスの花
どうか、無事に着果しておくんなさいましよ。

もう一株は、ロッサビアンコ。ぽってりと大きな実ができる品種なんでございますが、どんなもんでしょう。
7/15 ロッサビアンコの株姿

花、咲いてます。薄い紫色でした。
ロッサビアンコも花が咲いてます
一番目の花は摘んじゃってあるので、この花に実がつけば、ロッサビアンコのお初収穫となります。よっ、頼んだぜぇ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ナス | 13:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダニ、困りますよね~

牛乳などを散布する!?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/07/18 23:31 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

おお、牛乳。それならよさそうです。人畜無害がなによりですもんね。

ベランダで煙もくもくの「バルサン」をたくというのも、ナンですし。
いっそ、苗ごとお風呂に入れて洗ってやろうかしら、と思ったりしました。ワハハ。

| ともこ | 2016/07/19 16:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1244-ac966c43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT