園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬の室内園芸ごっこ

ぶるぶるぶるっ。寒~くなりましたなあ。足温器を入れて机に向かっておりまする。
こうなりますと、栽培物は室内中心となりましょう。
先日スポンジで発芽した種たちをヤシの実チップの培養土に埋め込み、お茶パック入りプラコップに植え替えました。
ついで、世は演説がブームのようですので、私も元気づけに心のこもった呪いの激励の言葉をかけてみました。
みな大きくおいしく育ってくれることを切に切に願っておりますです。うひょひょ

さてさてその生長スピードはゆっくりゆっくりのようですが、本葉の姿もちらり。
レッドマスタード。
本葉はまだグリーン色。大きくなってから色が変わるらしい。

続いて、グリーンマスタード。
これは大きく育ってる個体。全体的にレッドよりも遅めのゆっくりな生長っぷり。

一方こちら、チマ・サンチュ。
早くも、本葉2枚目登場。頼もしい限りです。

ところがところが、こちらのサラダホウレンソウ。発芽の際に大失敗。
スポンジに種まきしましたらば、根っこが太いらしく、スポンジの気泡の中に入っていけなくて、そのままスポンジの上にて発根。根っこがスポンジに横たわったままになってしまったのでした!(撮影/09.11.6)
右下の種なんかお豆腐パックによりかかりつつ上に伸びようとしています。
あわててお茶パックにヤシの実チップを入れ、その上にこれらの種をそ~っとのせかえてやったという、じつにいいかげんな栽培失敗経緯があります。

そのせいかどうか、その後の発育ぶりは、下記のごとし。
なんだかあやぶまれるひょろひょろな雰囲気。もしかすると、ホウレンソウの発芽にはスポンジを使わない方がいいのかしれませんなあ。気泡の大きいのだったら大丈夫かもしれんのですが。
また、発芽率もおもわしくなく、2度目にヤシの実チップに直接蒔きした16個のうち14個は没です。サラダホウレンソウ、なにやら難しいですわ。ふ~

今、全部で苗が9本しかないので、3度目の種まきをためしてみようかと思うております。
まあねえ、種だけはわんさと袋に入ってますから~♪

おーーっと、忘れるとこでした。二十日ワケギもあるんでございます。
土で栽培していたものですが、20センチほどしか大きくならず、そのうち人間がまだ食べてもいないのに虫に食べられてしまいました。痛んだ部分を刈り取ったものの思わしくありません。
仕方なく廃棄しようとしたら、根っこが真っ白で元気そうなんです。球根だから丈夫だったんでしょうかねえ。
そこで、根についた土を水で洗い流し、水耕栽培にて室内栽培しているのがこちらでございます。
葉の色が良くなり、背丈も若干上へ。なんとかもちこたえてくれそうかなあ。
ついでに、もっとぶっとくしたいんですけど。そんなことできるんだろうか?
「よく寝て食べてりゃ太れるよ」、ってことは日々苗に言い聞かせてるんですけどねえ。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| 栽培環境 | 11:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちは!

これから寒くなるので
やはり、お野菜も少し室内に移動したほうがいいのですね。
勉強になりました!

ほうれん草、大きくなってますね!
また、種まきされるのですね!

今度は沢山発芽してくれるといいですね♪

| 三十路オンナ | 2009/11/20 15:22 | URL |

三十路オンナ様

ほうれん草、いやあもう、ようやっと顔が見えたような案配で。
「目標 三十路オンナさんちのほうれん草!」です。

「勉強」とおっしゃられると、なんかもじもじ…です。
室内に移動させたまではよかったんですが、ベランダのみならず、室内も極小。つまずいてしょっちゅうこけてます。
苗が育ってきたら、このプラコップの大きさで間に合うもんだかどうだか。
初めての種なので、さっぱり見当もつかず。
ええい、いざとなったら、ちいちゃい苗だって食べちゃえばいいんです…よね?!

| ともこ | 2009/11/23 16:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT