園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

挿し芽の水耕栽培。穴鉢の穴でないところが気になる

トマトの「Mr.浅野のけっさく」にちょっとりっぱな脇芽ができていたので、数日前に切り取って水にさしておきました。

こんな感じの脇芽です。
水にいれといたトマトの挿し芽から根がでた

その茎部分に白い根がにゅ~っと。
挿し芽のトマト苗の根

じつは、7月の暑いときにも同じように挿し芽にしてみたんだけど、ことごとく腐ってしまいました。もしかすると、今頃の30度をこさない気温と曇りや雨続きのお天気時期のほうが、挿し芽はうまくいくのかなあと思いました。

さて、いつもならこのまま、のちにご紹介する穴鉢へバーミキュライトをいれ、そのまま挿し芽をつっこんでおしまいにするんですが、きょうはちょいと実験してみようと思うんであります。
題して、穴鉢の「穴をつきぬけて挿し芽にする作戦」。

まずは、「穴鉢(あなばち)」というざるみたいな鉢。本来は洋蘭などを植えるときに使うもののようですが、うちでは水耕栽培用として便利に使っています。その穴鉢にトマトの挿し芽を取りつけることにしました。

穴鉢にポリエステル100%のフェルトを細く切ったものを通しました。
穴鉢にフェルトを通した
フェルトは、根がまだ充分育ってないときに、このフェルトが水を吸って根に運ぶという、給水の補助の役目をするらしいのですが、これがなくても問題なく育っている方もおられるので、なしでもいいのかも。ただ、自分では「フェルトなし」の実験していないので自信はありませーん。

さて、きょうのポイントは、この穴鉢の底にあいている中央の「穴」です。
穴鉢の底の中央に穴があけてある
この穴に、トマトの挿し芽をとりつけようと思っておるのです。あ、穴鉢にもともとあいていた穴ではあるのですが、小さかったので、ハンダごてで穴をひろげちゃってます。

トマトの挿し芽に、てきとうな大きさに切ったスポンジを巻きつけました。スポンジは、いただき物の桃の箱に入ってたもの。
挿し芽苗にスポンジを巻く

その上の白い網からかぶせているのは、キッチン用のネット。これも不要だとは思うんだけど、遮光用にここへバーミキュライトなどをいれるべくとりつけました。

こうして作ったスポンジつき挿し芽を、くだんの穴鉢の底穴につっこみます。ギュッ。
穴鉢の底、中央の穴にスポンジを巻いた挿し芽苗をはさむ

この「穴から挿し芽の根がとびだしている」ってとこが、このたび特に気にしてるとこなんです。
根は、穴の下で自由に根を広げることができるんじゃないか、と予想しておるのでして。

もしも、下図の上のように茎を穴鉢から出さなかったら、根が穴鉢の黒いふち(網の穴じゃなくて目のほう)にゴツンとぶつかって根がはえにくいんじゃないかなあ、と。
穴鉢の穴から茎を出した場合と出さない場合の予想図


穴鉢の上からごらんいただくと、こんな感じ。キッチンネットを広げて穴鉢にかぶせました。
挿し芽苗をはさんだあと、穴鉢の上から見たところ。

上部を切り取ったペットボトルに、挿し芽つき穴鉢を装着。
ペットボトルに装着したトマトの挿し芽苗

おっと、水をいれなくちゃね。水は、根が水にひたるように、穴鉢の底の上5ミリくらいまでみたしました。
なお、ペットボトルのまわりは、遮光のためアルミホイルでおおい、さらに上からもう一丁、アルミのシートでおおってます。
これにて終了。根がたくさんでてきてくれるといいなあ~。

ところでもう一つ。穴鉢を使わず、ペットボトルの上の部分を加工したものに、挿し芽をつっこんで育てているトマトの挿し芽があります。
ペットボトルの上部分で作った苗装着装置
中にバーミキュライトがはいってますが、これは遮光のためで、水分は含んでなくてカラカラ。

根はこんな感じでした。真っ白じゃあないから、ちょっと心配。
苗装着装置から根がでている姿
スポンジの下から生えてます。じゃっかん、スポンジを突き抜けてる根もあり。
これですと穴鉢いりませんわなあ。
穴鉢は10個で225円ほどのもののようですが、つかわなくても栽培できたらそれにこしたことはありません。

おっと、穴鉢(直径10㎝)の魅力もちょいと。2リットルのペットボトルのフチにぴったりおさまるサイズなところです。穴鉢ごと苗を引っ越すのも簡単。うーん、ここがなかなか譲れなくて使いたくなることもありありなのでした。

さあて、気がかりなのは台風のご来場であります。なんでも複数の台風がおでましなんだそうで。
またまたベランダの鉢を引っ越しいたさねばなりますまい。

さきほどのペットボトルに茎をさしている挿し芽のミニトマトは、じつはだいぶ大きい株になっておりまして。
大きな株のミニトマト(挿し芽)
さすがにこれは移動できんでしょう。なんとか自力で耐えていただくこととします。
どーか、みなみなさま、ご無事でありますように。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 11:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

台風、なぜか東日本の方にだけ・・・
東北・北海道は、困っていますよね~

神奈川県は、まだいい方?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/08/21 23:38 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

はい、もうこのたびの台風は、すごい雨でした。住んでおります青梅市では市の観測史上最大の記録だったそうです。(1時間の雨量107、5ミリ。午前零時からの総雨量が260ミリを越えたそうな。)

その台風さなかの出張先がたまたま市内だったもので、いろんな光景を目にしました。道路や建物の下水口が冠水していたり、あわせて給湯器が故障して対応に大わらわとか、宅配便屋さんがご自身も荷物もビニールずくめで配達なさっていたり、警察の方がびしょ濡れで交通整理をなさっていたり…などなど。

信号のある交差点がことに、道路も歩道も冠水していることが多く、渋滞して動きがとれない場面があり怖かったです。
あらかじめ迂回路を考えておくこともだいじだなあと思ったことでした。
もう台風のおかわりはいりませんです。はい。

| ともこ | 2016/08/23 15:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1265-b38c7983

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT