園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種から水耕栽培の枝豆「秘伝」:収穫おしまーい

枝豆の秘伝。大きくなった実から順にちょっとずつ収穫しておりましたんですが、急に葉が茶色になり始めました。もうおしまいにしなくちゃらなんのか。あ~あ、まだ未熟な豆が残ってるのに。

しかたあるまい。
ついてる実はすべてはずし、茎を工作ハサミで切ろうとしたけど、固いのなんの。けっきょく植木鋏を持ち出し、腕力にものをいわせました。
枝豆の秘伝 枝葉

根をのぞいてみました。
枝豆の秘伝 水耕栽培の根
さわってみましたらば、固くてごつい。キュウリやナスの根はとろけてしまったりするけど、丈夫なのかな枝豆の根って。
ぎゅうぎゅうと、わが怪力をふりしぼって切断。指が真っ赤です。ハサミの豆ができそうでしたけど。
それにしても、この根っこがもったいないなあ。「きんぴら大豆」にでもならんのかいな、とぞ思う。

最後の収穫はこんだけ。未熟でひらべったいのもまじってますが。
収穫した枝豆の秘伝

フライパンでフタをして炒り煮にしました。盛りつけたら、中皿にいっぱい。
中皿に盛りつけた枝豆の秘伝

これが最後か。噛みしめていただきます。豆は甘く、カチッとしっかり固めです。うまいなあ。
あっという間になくなりました。食べるのって早いわ。
育てるのは長いことかかるのに。
秘伝の種まきは、4月24日で、数えてみたら今日で133日めでした。約4ヶ月半の栽培だったことになります。種袋の標準とほぼ同じ。へー、同じなんだ。みょうに感心してしまいました。

あれ? 〈そんなに長いことボツにしないでよくまあ栽培できたもんだ〉でしたわ。だって去年は、3ヶ月くらいで枯れさせてましたから。

おっ、ということは、今年はなにか栽培の仕方がちょっとましになったんのかも~。

どれどれ、今年はどんな工夫をしたんだか、思い出してメモっておくことにしましょ。

そうそう、まず株の置き場所を考えたのでした。秘伝の身長は90センチほど。でかいです。ベランダには、大きな株になるトマトやナスもベランダにあり、どうレイアウトしたら身長のでかい秘伝も設置できるのか悩ましかったのでした。

そこで、コンクリートフェンスに鉢を置いても日があたるよう、株の下に箱などを組み合わせて置き台にしたんでした。
しかし、そのままでは背高の株がぐらぐらするので、上のもの干し竿からひもで吊るす作戦。
ゴミ箱で水耕栽培の株姿 エダマメの「秘伝」
うん、これで、フェンス下の床に鉢をおくよりはましな日当たりぐあいになったかと。
こんなてきとうな土台でも倒れなかったのが不思議ですが。

高い土台のおかげで、鉢の位置も高くなり、腰をかがめずに液肥の追加ができました。楽ちーん。

来年もぜひ、枝豆の秘伝、やってみたいですぞ。
今年は黒豆系のたんくろうという品種も初めて栽培しましたが、収穫までが早かったけど収量が少なめでさびしゅうございました。
秘伝は大きすぎる株だし、時間もかかるけど、株は上に伸びるのでわりあい場所をとらずにすみましたし、お豆が大きいので満足度大。時間が豆を大きくする、ってことでしょうかね。
そうそう、一鉢に2株一緒に植えても育ちが悪くならなかったので、次回もぜひその線で!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| エダマメとヒヨコ豆 | 15:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

永く収穫ができて、良かったですね~
我が家でも、来年はこうして作ってみたいです。

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/09/05 22:40 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

実ったサヤから順番に収穫する作戦のおかげで、ながーくたのしむことができました。kasugai90さん、ありがとうございます。それにしても、枝豆がなくなったら、えらくさびしいベランダになっちゃいました。次回は、株数をふやすのと、種まき時期を少しずらしてみようかと思ってます。
kasugai90さま、来年の枝豆はどうぞいっぱい種まきなさってどっさり収穫なさってくださいませませ~。

| ともこ | 2016/09/06 11:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1273-f3271f7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT