• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2016/09/07(Wed)

ダイコンとビートの種まき、ルン♪

ダイコンをまくのなんて久しぶりである。そもそも土栽培が久しぶり。物置から鉢を出してきて、で、どうするんだっけ?
あー、鉢底石がいるんだった、と、また物置に行って探してくるありさま。もうひとつ、キッチンネットも家捜ししてきましたぜ。
さすがに土は忘れずに買ってあります。やれやれ、これでようやく準備完了。

ネットに鉢底石を入れ、鉢に敷き詰めました。
鉢底石をしきつめた鉢
ま、こんな感じかなあ。

土をいれます。そりゃあそうだ、土栽培なんだもの。そして、種まき。おっと、先に水をまいておくんでした。

大きい鉢には、紅くるり大根。小さい鉢には食用ビート(デトロイト・ダークレッド)。
紅くるり大根とビートの種まきをした

あはは、なんかたのしみ。紅くるり大根は、中まで赤いダイコン。ビートも赤だし。赤づくしですな。

紅くるりはシャキシャキだし、ビートはほの甘いおもしろい味だったっけ、と、現物の野菜を送っていただいたときのことを思い出す。(←鳥取県岩美町のミーコ様から頂戴いたしました。種もです。当時のブログ記事はこちらです。)
へへっ、もうすっかり食べる気になっておる。まだ発芽もしておらんのに。

えーと、あとは乾燥させないように水やりをする、でいいんだっけ?
根菜って、たしか鉢にいれままま、移植しなくてもいいんだよね。あら、簡単。すっかりたかをくくってます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : ダイコン |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • ビート。
    ロシア料理で食べられますよね~

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    そうそう、ロシア料理です。たしかボルシチとやら。レストランで食べたことはあっても、自分で作ったことがありません。もしもビートがうまいこと育ってくれたらぜひ、やってみたいです。

    そういえば、カレーやシチュー、ハヤシライスのルーは売ってるけど、ボルシチのルーって見たことないなあって、今、気がつきました。本葉の味ってどんなんでしょう?
    自分で作ったら、だいぶ怪しいボルシチモドキになりそうです。わはは。

Home Home | Top Top