• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2009/12/01(Tue)

12月のベランダ風景

ずいぶんと寒くなり、最低気温が5度とかいう日もあるようです。それでも、まだベランダでなんとか栽培中の野菜あり。
わさび菜もそのひとつ。
ときどき切り取って食べてます。
すると、次の葉っぱがまた生えて。すこぶる丈夫で元気なわさび菜。
とはいえ、ぼちぼち霜にあいそうな。ビニールをかけた方がいいのかなあ。

収穫したわさび菜のとなりのハート形の葉っぱは、雲南百薬。冬は枯れてしまう地域もあるそうですが、うちでは、ありがたいことに、まだ収穫できています。
でもでも、生で食べたら
に...にがいんでございますよ。なにゆえに?
以前はすっきり爽やかなお味だったんでございますが…。
原因は肥料か、気候か、育て主の怠慢か?
まさか、世知辛い世にならい、苦みを増したってなこともありますまいが。
まあ、春になったら、またおいしい味にもどってくれることでしょう。
でも、もしもこのままもどらなかったら…。
ええい、「腹によく効く高級薬草だよん♪」とか言って、近所の気のおけない友人にあげちゃおかな。(内緒ですぞ)
あ、いえいえ、きっとおいし~く復活させてプレゼントいたしますです。(たぶん)

そうそう。ミツバもありまして。
寒いせいか背丈は短いけど、茎はずいぶん太くなり、切っては食べの重宝薬味。種から育ててようやくここまできたなあの感あり。いいもんですなあ。

ミズナも、
刈り取り収穫をくり返してますが、なんとか今のところはご健在。

それにしても、夏とくらべなんてゆっくりな生長だろう。「気長に待つ」とか「辛抱強く育てる」とか、苦手なフレーズがよぎります。は~あ、もう春待ち遠し。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : 栽培環境 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback

コメント ▼


    
  • こんばんは!

    わさび菜さん、すごく順調ですねー♪
    本当にモサモサして
    たくさん収穫できたようで
    おめでとうございますー♪

    水菜も収穫できてるようですねー!

    >夏とくらべなんてゆっくりな生長だろう。「気長に待つ」とか「辛抱強く育てる」とか、苦手なフレーズがよぎります。は~あ、もう春待ち遠し。
    ↑うふふ。
    これ、すごーく私も思いますー。
    最近、成長が鈍化してるので、
    「早く春よ、こい!」なんて思っています♪

  • ワサビ菜、やっと少しまとまった収穫ができました
    ありがとうございます
    少しだけ鍋に入れたら美味しい!
    シャキシャキ感が良いですね

    それから見た目がとってもきれいなのも気に入りました
    来年は増産です

    雲南百薬も我が家では撤収したのに元気そう♪
    でも苦くなったのはなぜでしょうね
    いかにも薬っぽくて効きそうですが(笑)

  • Re: タイトルなし

    三十路オンナさんへ

    はいっ、もっか収穫できるもんといえば、わさび菜と水菜ぐらいでございまして。
    この二つでなんとか冬を乗り切ることができたらうれしいです。
    難点は、食べる勢いにまかせてつみ取るもんだから、次の葉っぱができるまでがなかなか…。

    今朝は5度を切る冷え込みになり、さきほどわさび菜にビニールのおおいをかけました。
    湯たんぽまではしませんでしたけどね。

    三十路オンナさんも「早く春よ、こい!」なんですねぇ。ご一緒だあ。
    3月まで、まだまだまだまだ…。は~ぁ

    冬の園芸は室内で、と思って水耕栽培でもやってみているんですが、苗がひょろひょろです。
    もう少し早くに種まきしておくべきなんだなあと、今頃になって気がついてるしだいでして。
    家宝は寝て待て、とか。冬眠でもしますかね。
    こうして、こたつ&蜜柑&うたた寝の暮らしが始まるんだなあ…。

  • 葉っぱさん:ワサビ菜のお料理法をありがとうございます

    おおっ、ワサビ菜は鍋に入れると美味しいんでしたか。生食ばかりでしたので、もしゃもしゃさせながら食べておりました。もしかして「少しだけ鍋に」ってところもだいじなポイントだったりして。なにしろ、収穫したら全部どばーっと使ってしまおうとするもんですから…。

    「シャキシャキ感と見た目がとてもきれい」とのお言葉。私も同感です!
    「来年は増産です」とのこと。種、袋にどっさり入ってますし、黄緑色満載になりそうですねえ♪

    雲南百薬が苦いのは、もしかすると、液肥のやりすぎかもしれないと思っています。残りものの液肥まで廃棄せずに、雲南にあげてしまっておりましたので。

    そういえば、前にもルッコラに液肥をやりすぎて思いっきり毒草味にしてしまったにが~い経験がありました。この雲南もそうじゃないかなあとにらんでおります。
    う~ん、過ぎたるは及ばざるがのサンプルになってしまったようで。

    > いかにも薬っぽくて効きそうですが(笑)

    ぶふふっ。ほんと、効きそう効きそう。

  • 雲南百薬の毒草化、いや薬草化、もしかしたら旬を過ぎた野菜の濃厚になっていく結果?
    いろんな意味で成長が遅くなっていくと味が濃厚になっていくのでは?なんて近頃勝手に思っています

    ミニトマトが今頃とても甘くなっていたり(ポツンポツンと採れるのが本当に甘いのです)、ルッコラは液肥のせいというより、最後の方、とう立ちのころは同じようになっていました(日差しが強いのも原因だそうです)

    持っている本来の味がだんだんに濃くなっていくので、くせが強調されるのかななんて

    人間もだんだんくせが強くなるし・・・?

  • わさわさで良いなあ~

    我が家のベランダは凍れるし、社宅内は昼でも電灯が必要なほど日当たりが悪いので
    春まで植物栽培はおあずけ 〃´△`)-3ハゥー

    PCでみなさんの栽培の様子を見せて頂き
    和むことにしま~すヽ(´∇`)ノ♪

  • asisutoさんへ

    北海道の春…………ああ…………………待ち遠しいですねえ。
    植物栽培への待ち遠しさ度は、きっとすっごく高い↑にちがいありません。

    私も、asitutoさんちのあのステキなベランダ菜園がうんとたのしみです。
    今度はどんな新装置が登場なさるかなあ~、なんて思ったり。

    PCて、ほんとありがたいです。
    冬だって、PCならasisutoさんのブログを拝見にいけますもんね!

  • 葉っぱさんへ

    「人間もだんだんくせが強くなるし・・・?」とのお話に、ぶふふ。
    もう、ほんと、おっしゃる通りでありまして。自身の姿そのものです、はいっ。
    人間の毒草化(薬草化)が進んでるんですね、私。いばっちゃおっかなあ…。
    それにしましても、こういう発想。
    なんだか楽しくなりますね。いいなあ。

    ほほう、今頃のミニトマト、おいしいんでしたか。
    ということは、遅めに苗を手に入れて栽培したほうがお味の良いものがとれそうですねえ。
    なるほど~、メモしときます!

    雲南百薬が元気なのがなんだかうれしくなっちゃいました。
    あ、そうそう。こう元気ですと、ムカゴをいつどうやってとったらいいもんかわからなくなっております。のちほど、葉っぱさんのブログを拝見にうがかいまして、ベンキョウいたしま~す。では、では。

Home Home | Top Top