園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月種まきトマトがちょいともりもり

27日のこと。やけに暑いなあと思いつつベランダの温度計をのぞいてみたら、30度ですってさ。
10/27 ベランダ温度は30度
この日の最高気温は22度だそうですので、こんなに高温なのは、北風を受けない南向きのベランダだからでしょう。

ここ数日わりあいいい天気がつづいたおかげさんで、トマトが元気になっております。

10/24 うどん粉病になっている葉を落としたら、実がむき出しになってしまってますが、実は赤くなりやすいのかもしれません。
10/24 Mr.浅野のけっさく 実が赤くなりました

さっそく、中玉トマト・Mr.浅野のけっさくを収穫。1個割れてました。
10/24 Mr.浅野のけっさくの収穫

3日後の27日にも、同じくMr.浅野のけっさくを収穫。
10/27 Mr.浅野のけっさく(中玉トマト)収穫

けれど、つづけてとれるのはここまででしょう。残りはまだ青い実ばかりですもん。
10/27 Mr.浅野のけっさく 残りはまだ青い実

このMr.浅野のけっさくの株ですが、左下から上へ向かい、ものほし竿を支柱にして横にはっています。
Mr.浅野のけっさく 株は横にはわせてます

下の方の葉はうどん粉さんでほとんどなくなり、上の方だけに残ってるんですが、その枝から今、さかんに脇芽がはえるはえる。これ以上右方向に進んでしまうともの干し竿に洗濯物が干せませんので、茎の先端の成長点を止めたんだけど、かえって脇芽増殖意欲をかき立ててしまった感あり。
もっともこの株、エアレーション(ホームハイポニカぷくぷく)による水耕栽培なので、ことのほか快調なんだと思います。なにしろ、月額100円の電気代がかかっておりますんでねえ。

一方、こちらはゴミ箱容器による水耕栽培のトマト。
ベランダのトマト

これまたうどん粉さんで葉がまばらではありますが、それなりに生長なすってるようで。

大玉トマトの麗夏。赤くなりはじめました。(10/27)
大玉トマト麗夏の実

コストルート・ジェノベーゼ。プリーツつきの赤いトマトになる、はず。
コストルートジェノベーゼ(大玉トマト)

こちらも、同じくコストルートですが、脇芽をさしたら背丈が1メートルくらいになり、今、小さな実がついてます。
コストルートジェノベーゼの挿し芽苗の実

コストルート・ジェノベーゼは、前にも育てたことがあるけど、さして実がなりませんでした。花が咲きそうになると花首から落ちてしまうようなか弱いお方のようです。今年も10月初めあたりまではそんな感じだったのに、近頃は花首が太くなり、いかにも着果するタイプって感じで育ってます。春夏よりも、秋のこの時期がお好みなのかもしれないなあ。

こちら、たぶんブラック・ゼブラ。ネームプレートのつけ間違いでさだかではありません。もしもブラック・ゼブラなら赤と緑のしましまになるでしょう。
たぶんブラック・ゼブラ(赤と緑のしましまトマト)

大玉も中玉も実は全体に小ぶりなようです。このままお天気がつづけば、じわじわ色づいていくのかな。

なーんてほくほく喜んでましたらば、今日28日は雨。冷え冷えの寒い日。最高気温は15度程度だったようで、ベランダ野菜の液肥の消費もごく少なめでした。次回の収穫は雪がふってからだったりして…。うう、さむっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この時期は、気温の変化が大きい。
陽当たりの良いベランダでは、かなり温度が上がりますよね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2016/10/28 22:59 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

ほんと、すごい変化っぷりです。ベランダは夏、お日さまが真上になるから入ってこないけど、今時分は、日がだんだん斜めに室内まで入り込んできて、顔がジリジリするほどです。反対に朝はキューッと冷えてるし。
それでも早朝には、トマトの葉の先に水滴がついているのをみかけますので、トマトにはごきげんな気候なのかもしれません。

朝の換気をすればいいんでしょうけれど、寒がりの私など、ベランダのドアをあけるなんてめっそうもないとばかりに、ガラスのこちら側でじーっとながめてるだけですが。

| ともこ | 2016/10/29 17:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1297-92ee80ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT