園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

四季なりイチゴ「めちゃウマ」:怪しげな実

2016.10.29.Sat
この秋に苗を買って育てている四季なりイチゴのめちゃウマ!に花が咲いて実がなったと喜んでおりましたらば、どうも妙な塩梅なんですわ。お醤油色のおかきみたいなの。(撮影:10/29)
薄茶色くて堅い実になってしまった四季なりイチゴ

実にさわるとカチッと固いのだ。ためしに割ってみる。
固い実を半分に割ってみた

白いなあ。中味には異常がないのかもしれない。割った実を食べてみると、甘酸っぱくて美味しい。私のイチゴ栽培史上最高の旨味である。といっても数回しか育ててませんが。さすが「めちゃウマ!」(デルモンテ)と名乗っているだけのことはあると思いましたぞ。

それにしても、この“おかき色イチゴ”はどうしちゃったんだろう? 
調べてみました。犯人は、どうやらアザミウマという虫らしいです。
こちらのサイトさんでおみかけしました。→イチゴの害虫(ホームページ:奈良県・農業開発センターさん)

ということは、わたくし、アザミウマの付着したイチゴを食べたかもしれないんだ! ゲゲッ。
どうりで美味しかったわけだ。あ、ちがうか。

とにかく退治しよう。セロテープでぺたぺた作戦です。といっても、虫だか卵だか小さすぎて見えないので、手当たり次第ぺたぺたしただけですが。ついでに傷んだ実もとりさりました。
アザミウマとおぼしきヤツをセロテープ責めにする

こちらの花と実はきれいだから、たぶんだいじょうぶだと思うけど、どうだろう。
一応アザミウマ退治したあと イチゴの花と実

株全体は、こんな感じ。ランナーはでなくて、ひたすら花を咲かせ実をならせたがるタイプのようです。
ランナーなしで実ばかりがなる四季なりイチゴ

あ、そうか、花が咲いて実がつくから虫もやってくるのかもしれません。よおし、これからはまめに巡回してペタペタせにゃあいけませんな。

なお肥料は、イチゴ用の肥料が手元にないので、水耕栽培でつかっている液肥の大塚ハウス1号と2号を合わせたものを通常よりも2倍くらいに水でうすめてじょうろでかけてます。こんなんでいいんだろうか。テキト~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

2016-10-29.Sat 23:23
せっかく生ったイチゴの実が・・・
次から生る実は、安心して食べられる!?

ポチ、ポチ、っと!
URL|kasugai90 #8EUMTJq.[ 編集]

kasugai90 さんへ

2016-10-30.Sun 10:27
はい、虫はタンパク質だから栄養はあるだろうとは思うんですが、さすがに好んで食べたくはなし。
できればさわやかなイチゴの実をいただきとうございます。
それには、日々虫退治しなくちゃですね。あまりに小さすぎてよく見えないのが難点でして…。
URLともこ #VgdABggw[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック