茶色い品種のトマトを追熟

2016.12.17 16:09 | EDIT

6月に種まきしたトマトの脇芽を水にいれておいたら根がでたので、挿し芽にして育てておりました。(撮影:11/21)
11/21 挿し芽のトマトの株
しめしめ、実もできておる。

喜んだのもつかのま。その数日後に雪がふり、ネットでおおってやったにもかかわらず、トマトはこの株だけがしおしおとしなだれてしまいました。挿し芽は弱いのか、たまたま霜にあたるような位置にあったせいなのか。

その後は室内においてみたけれど、日に日に葉が落ちていき、

12/6 とうとうかような姿になっちまいました。しょぼーん。
12/6 赤いトマトのコストルート・ジェノベーゼだと思ってた株

大株ならともかく、こんな持ち運べるような小さな株なんだから、寒い日は室内にとりこんでおけばよかったのになあ。後の祭りですわ。

根をのぞいてみると。ゲッ、茶色! ひじょうに不健康ってかんじ。
水耕栽培していた株の根は茶色。傷んでます。
株はボツにするしかありますまい。

でも、せっかくの実はもったいないのでお皿にのせて暖かいところにおいとくことにしました。追熟ってやつですな。そのうち赤くなってくれるでしょうというわけです。

8日後(12/14)。おや~、色づいてきましたぜ。
12/14 (トマトの追熟8日目) 
奥の大きい2個がそれです。手前の小さいのも、うっかりさわって落としてしまった中玉トマト・Mr.浅野のけっさくの青い実だったんですが、これもいっしょに赤くなってきたようです。
よおし、もうちょっと待ってみよう。

10日後(12/16)。おお、いっそう赤味をましておる。いや、赤いというより茶色じゃないかい?
12/16 (トマトの追熟10日目)

ひっくり返してみたよ。あら、やっぱりなんかどす黒いような…。しかもシワシワだし。
12/16 追熟させた大玉トマトのショコラ

あ、そうか。私、このトマトはてっきり大玉のプリーツができるコストルートジェノベーゼかと思ってたんですが、

これこれ、この左のやつ。これだと思ってたんですよ。(この前収穫したときの写真より。右は大玉・麗夏)
12/6 大玉トマトのコストルートジェノベーゼと麗夏を収穫

ちがってました。茶色になるやつ、ショコラだったんだ。(去年の7月に収穫したときのショコラと麗夏。)
麗夏とショコラの収穫 ショコラは最後の収穫

ショコラは、そういえば6月に種まきしたのでした。やっぱり実が青いうちに枯れてしまいそうだったので、脇芽をとりおいたような気がします。覚えておらんのですが。うん、きっとそうだわ。

さて、正しい品種が判明したところで、これを食べるかどうかですわ。このまま食べるのはちょっとなんか、なんかねえ。バナナは追熟させて食べるけど、トマトのシワシワになったやつを生でいただくのは、ちょいと根性がいりますぜ。ソースにするならだけど…。
でもソースにしたら、どんな味なんだかよくわからし…。ええい、思い切って食べてみようじゃないの。

小さいほうの1個だけを切ってみました。ジュースのところがなんか黒っぽいです。す、すっぱいのかな?
大玉トマトのショコラ 食べてみる

いいえ、ちょっとすっぱさはあるけど、ちゃんと美味しい。味があるっていうか。旨みがあるっていうか。果肉がちょいと柔らかいのは仕方ないけど。なーんだ、みためじゃないんだなあ。
ではでは、安心して残りの1個もいただきましょう。

しわしわで。
トマトのショコラ しわしわだあ

穴あきだけどね。
トマトのショコラ 穴あきだあ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

朝方は、もうかなり寒い!
さすがにトマトも、室内で育てないと・・・

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2016.12.17(Sat) 21:19:58 | URL | EDIT

こんにちは ともこさん

流石にもうトマトは限界なのでしょうか?
千葉で越冬させたブロ友さんがいましたが、今はどうしている事やら!?
ブログ止めてしまった様なので、とても残念です。
ともこさんはもう少し粘って栽培してみてくださいな。
100均の布団圧縮袋が厚くて、私も使ったことがありますよ♪

ミーママ | 2016.12.19(Mon) 12:16:54 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

そうなんですよねえ、痛んでしまった株は室内にいれとけばよかったと後悔してます。

今トマトは、残り5株になりました。こちらはまだ元気なようで、実が大きくなってきました。液肥もよく消費するのでもうちょっとは長生きしてくれるのかもしれません。
まあ残りの株は、室内にいれられるサイズではなくなってしまったので、そのままベランダにおき、傷んだら撤収にしようと思ってます。

ともこ | 2016.12.20(Tue) 15:44:03 | URL | EDIT

ミーママ さんへ

おお、100均の布団圧縮袋なるものがあるのでしたか。それは力強い援軍になってくれそうであります。
お教えいただき、ありがとうございます。
残り5株のトマトは今、暖かいお天気のせいですか、おかげさんで花も実もつけ、根もまだ白さを保っているようです。

千葉のブロ友さんは越冬に成功なさったのでしたか。すごいっ、快挙、快挙です。いいですねえ、ぜひぜひあやかりたいです。

私、12月に種まきして5~6月頃に収穫するトマトは育てたことがあり、そのときは12月ともなるとさすがに枝葉が傷んできてボツになりました。
しかし、このたびのように、6月に種まきをしたトマトを育てるのは初めてで、どこまで長生きするもんだかしないもんだかわかりません。ただ今のところ生長スピードは遅くなっているものの、霜枯れた葉もないみたいで、案外丈夫なのかもしれないなあと思ったりしています。Sunday, Sunny dayのNaomiさんのブログ記事を拝見しますと、液肥が凍らないようにつねにたっぷりにしておかれるというようなことが書かれてありましたので、なるほどなあと思い、さっそくまねしてます。
はいっ、私ももうちょっとがんばってみようと思いまーす♪


ともこ | 2016.12.20(Tue) 16:08:24 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード