園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2017.01.06.Fri

トマトの傷跡

去年の6月に種まきしたトマト。久しぶりに収穫できそうな感じです。

中玉トマト、Mr.浅野のけっさくに、赤いのがちらほら。あら、うれしい。(撮影:1/6)
1/06 中玉トマト・Mr.浅野のけっさく

うぬっ。なんじゃこりゃ。手にとってみると、左端の実になにやら傷跡あり。
収穫したMr.浅野のけっさく。左端の実に異変あり

ほかにもありましたぞ。これこれ、大玉トマト・麗夏(れいか)のお尻にも、くっきりと。
大玉トマトの麗夏。これにも傷あり。鳥の仕業か?

さいわい傷は外側のみで、内部までは達しておらんようです。しかし、なんだろうなあ。よくみると三角形の穴ぼこに見えなくもないが。
は、は~ん、犯人は鳥か? 鳥のくちばしのあとかあ?

トマトの株は、物干し竿やエアコンの室外機に取り付けた支柱にそわせているので、鳥はその枝にとまって実をついばもうとしたのかもしれぬ。

こちら、大玉・麗夏のあるあたり。ネットを張ってはあるけれど、天井部分と横はすかすかですからねえ。
ベランダのトマトの株(麗夏のあるあたり)

そしてこちらは、中玉・Mr.浅野のけっさくがあるあたり。ビニールでおおってあるとはいえ、これも物干し竿から上と横、下もがらあきである。しまった、とうとう見破られたか!
ベランダのトマトの株(Mr.浅野のけっさくのあるあたり)

すでに鳥たちの回覧板には、「ここんち、赤いのがあるぜ。網とか張ってるつもりらしいが、上と横から出入り自由。しかも家主はボンクラ&ノーテンキ。こたつで昼寝してやがる。超安心して喰えるぜ~♪」とか書かれてでまわってるんじゃなかろか。

いかん、あともうちょいで赤くなりそうな麗夏の実を守らねば。
大玉トマトの麗夏

な~に~っ、葉っぱに黒い点々発生だとお?
霜枯れたのか黒い点々ができつつあるトマトの葉
も、もしや、このところの寒さでとうとう霜枯れが出始めたか。

いや~ん、中玉・ブラック・ゼブラ(赤茶と緑のしましま)なんか、まだまだ青くて堅いっつーのに。
中玉トマトのブラック・ゼブラ

ま、こんなもんでしょう。冬ですもん。

それにしても、収穫したMr.浅野のけっさくさんはじつに美味しゅうございました。
鳥さんよりお先にいただきましたぜ~。ごちそうさん!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

2017.01.06.Fri

トマト、まだまだ頑張れそうですね~

我が家の秋ジャガも、もう少し頑張れそうです。

ポチ、ポチ、っと!
2017.01.07.Sat

隙間を見付けて食べようとする程、美味しそうなトマトって事ですね(*´ω`*)
鳥さんはヤンキーなのに頭が良いのでお気を付けて(>_<)
2017.01.07.Sat

kasugai90 さんへ

お天気予報を見ると、最低気温がマイナス何度の表示があり、今度こそトマトはおしまいかもと内心ハラハラしてます。
液肥の消費量も少なくなってきたので、たぶん終末は秒読み段階なのでしょう。

お、kasugai90さんのところは、秋ジャガが頑張っていらっしゃるのでしたか。ひゃー、すごいです。
外は寒くても土の中は暖かいのかなあと思ったりしております。
新鮮ジャガイモさん、皮をむくときなんかシャキッとしてて美味しそうです!
2017.01.07.Sat

サキ 様へ

そうでしたか! 鳥にねらわれるということは美味しいってことでもあるわけなんですねえ。なるほど、なるほど。
鳥さんのお墨付きトマトになりましたこと、感謝です。

それにしても、「ヤンキーなのに頭が良い」のでしたか、鳥は。むむぅ、悩ましいです|||/( ̄ロ ̄;)\|||
そうだ! キッチンネットをかぶせておくことにします。うん、これで技あり1本決まったかも、と思ってるんですが、さてどうなりますやら。ど、どうか無事で…(-∧-;)ナムナム

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1327-4519dc2c

 | HOME |