アシタバはどの葉を食べるか

2017.01.20 15:44 | EDIT

昨年9月はじめにご近所のホームセンターから苗を買ってきたアシタバ。ずいぶんと大きくなりました。(撮影:1/15)

1/15 ゴミ箱で水耕栽培しているアシタバ

ゴミ箱で水耕栽培をしています。でかすぎて、アシタバというより、ヤツデみたいになっとりますが。
さてこのアシタバ。いったいどこをつんで食べたらいいもんだかが悩ましい。

もしも、この新芽を食べてしまったら、いったい次の新しい芽はどこからでてくるんだろう。新しい芽をとってしまうんだもの。もう二度と芽はでてこないんじゃなかろうか。そう思うと、なかなか新芽の収穫にふみきれんのです。
アシタバの新芽

それなら外側の古い葉を食べればいいではないか。というわけで小さく切って食べてみたんですが、これがまあたいそう固いんでございますよ。食べられなくはないけれど、頑丈な歯と、なにがなんでも食べてやる根性を要します。

はてなあ、どうしたもんかと思ってたんですが、ふと新芽の根元付近をみると、なにやらふっくらとした突起があるじゃないですか。
新芽の根元が、次の芽をだそうとふくらんでいる

は、はーん、ここから次の新しい芽がでるってことかあ? 
それならば、この次の新芽とおぼしき物を残しておきさえすれば、今でている新芽は食べてしまっても大丈夫かも。…かも。

プチッ。とりましたぜ。
1/15 アシタバの新芽をつみとりました。

切り口から、じわわ~んと、黄色の液体。
アシタバの茎の切り口から黄色の液がじわじわ~

なめると、にがっ! ちょっとすごい味かも。だいじょうぶか、こんなの食べて。

ともかく、新芽をきざんでお味噌汁にいれてみる。
おみそ汁に散らしたアシタバの新芽

ほ~、アシタバの香りが広がります。なかなかによいではないか。苦みもあるが、旨くもある。かむとちょいと固いけど、これくらいならOKかも。もうちょっと若いうちに収穫した方がなおよさそうです。いつもとちがった
風味のある味噌汁に仕上がりました。

ところで、次の新芽とおぼしき物は5日後、このようになっとりました。(1/20)
1/20 次の新芽。脱皮してるみたいな感じ。

脱皮しかかってるカマキリみたいですが、できたての新芽があらわれました。
これなら先にでてきた新芽を折って収穫してしまっても大丈夫そうであります。

ま、毎度毎度新芽をとってしまったんじゃ株が弱るでしょうから、ときどきは収穫を休むといいのかもしれません。
よかったあ、イエ~イ。これからは安心して新芽の収穫ができますわい。めでたし、めでたし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 葉菜類 - アシタバ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

アシタバと言っても、明日すぐに新しい葉が出てくるわけではないですよね~
冬場ならら、週に1回葉を取るのも多い方?

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.01.20(Fri) 22:15:06 | URL | EDIT

こんばんは~ともこさん

拝読していても中々コメント残せなくてごめんなさい。

トマトは残念でしたね、私も今年トマト栽培ガンバルワ!

明日葉って栄養の宝庫ですよ!
日本の誇る栄養満点の生命力旺盛な植物ですね、でもともこさんの所は少し寒いのかも!
だから葉っぱが固いのかもです。
ビニール袋被せてみてはどうかしら。
私は三寸人参に被せて生長を促進させています、日中は外していますがね。

ミーママ | 2017.01.20(Fri) 23:03:05 | URL | EDIT

お寒う御座います~
アシタバが一瞬アシタカに見えてしまったサキです~
寒いせいですな!

ところで、アシタバって食べられるんですね。
私てっきり観葉植物だとばかり思っておりました(^^;
固い系の物好きなので、私も育ててみようかなぁ。

然し、苦味と不安を感じながらも食したともこさんに拍手ですわ(*´ω`*)
勇敢で御座います(*´ω`*)

サキ | 2017.01.21(Sat) 07:25:14 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

そうなんです、kasugai90さん。「明日葉」といえども育つスピードが早いわけじゃくて、たーくさん植わっているところがあれば、それらの株のどれかを収穫しても別の株が新芽をだしてるから次々に収穫できるってことのように思いました。魔法の葉っぱじゃなかなったんだなあと、ちょい夢やぶれたり~、でした。

収穫から収穫までの間隔はどれくらいなんでしょう?
週に1回とかだったらほんとうれしいです。一株のアシタバで冬場は…一ヶ月に一度かも? す、すくなっ! なーんか笑っちゃいます。

ともこ | 2017.01.23(Mon) 10:08:10 | URL | EDIT

ミーママ さんへ

あっ、「ビニール袋」という手がありましたか。なるほど温度を上げるといいかもなんですね。ふむふむ。
ネット検索しましたら、「アシタバは温暖な気候を好むため、気温が5℃以下や25℃以上になると生育が停滞します。」との解説がありました。
おお、ミーママさん、ぴったんこ。ありがとうございます。さっそくビニール作戦にとりかかります。おっと、日中はずすのも忘れないようにしなくっちゃ。

アシタバは栄養満点とのこと。それ、とってもうれしいです。もりもり食べて元気になろう。
といっても月に1度ぽっちの収穫ですが。ガハハ(^^;)

ともこ | 2017.01.23(Mon) 10:25:12 | URL | EDIT

サキ さんへ

「アシタカ」に、ブハハハハ(^◇^)しちゃいました。いいですねえ、あんなハンサムなアシタカさんが育ってくれたら。ベランダいっぱいに植えてみたいもんであります。

サキさんが観葉植物だとお思いになったのはその通りだと思います。うちでは、ほぼそうなっとりますから。たまーーーーーーの収穫ですし。
なかなかにうつくしゅうございますよ、アシタカ、じゃあなかったアシタバは。

固い系がお好きでしたか、サキさん。アシタバの外側の葉っぱの硬度は、ガシガシです。サキさんのしっかりもんさんの歯を喜ばせて差し上げられるかもしれません。
あ、細かくして佃煮のような食べ方もあるのかもしれません。
もしサキさんが栽培なさることがありましたら、ぜひそんなお料理法も研究なさってくださいませませ。うれしいです。

それにしても、切り口から黄色い汁がしたたり落ちる姿は、いやしかしちょっと、あの、ナンでしたよ。

アシタバはセリ科の植物だそうで、それならセリはみな黄色の汁をだすのかとおもいきや、アシタバだけなんですと。そっかあ、ふ~ん、て思いました。私には、まだまだ未知の植物です。

ともこ | 2017.01.23(Mon) 11:10:12 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード