花「キリタ・タミアナ」の挿し芽

2017.02.02 15:25 | EDIT

野菜ばかりで花のほとんどないわがやですが、キリタ・タミアナという小さな花があったりします。調べてみたら、2008年6月に種まきしたようで、かれこれ8年あまり。ほえ~、ながいこと生存してますなあ。

こちらは昨年12月14日の、キリタ・タミアナ。全2鉢です。
12/14 親株のキリタ・タミアナ

鉢の中で挿し芽にしたりしてるもんだから、もじゃもじゃ状態。

横に張り出してる枝を切り、挿し芽にしました。ポットにバーミキュライトを入れて、そこに切った枝をつっこんだだけですが。
12/14 キリタ・タミアナ 挿し芽にした
ありゃ、なんか葉っぱがたれておるではないか!

そういえば、夏に挿し芽をしたときはこのまま腐ってしまったんだっけ。いやん、もう。
なんとかうまく根づいてくれるといいんですが。

鉢の下にある黄色のお皿は、粉末のミルクが入っていたクリープの瓶のふた。これね、キリタの種をくださったサルマタさん(ブログ:サルのメモ帖)からいただいた記念のお品なんです。このふたに種を植えるための土ポット(ジフィーセブン)をならべてキリタの種をまいたら、ぎっしり芽がおでましになったという、なかなかに縁起のいい「ふた」なんでございますよ。

こちらがその8年前に発芽したばかりのキリタ・タミアナです。(撮影:2008年7月11日)
2008年8月に種まきしたキリタ・タミアナの発芽
ちっさ! こんなだったかねえ。そういえば、この一芽づつをはがして植え替えるのがなかなか大変だったんでした。
そして、このうちの2株が今もうちにあるってわけなんだなあ。

てなわけで、このサルマタさんの黄色いふたをお皿にして育てれば、必ずや御利益あるかも?かも?ってわけでさあ。

ところで、キリタ・タミアナは四季咲きで、ほぼ一年中花が咲いていますが、冬の今頃がもっともよく花をつけるようです。

2016年12月20日。ぴろんぴろ~ん、花の茎が長いのでよくゆれます。
12/20 花盛りのキリタ・タミアナ

12月30日。もう一鉢もこんな感。一輪の花も、今が一番大きいような気がするなあ。
12/30 キリタ・タミアナ
原産地はベトナムだそうですが、御地ではどんなところに咲いているんでしょうねえ。

さてさて、くだんの挿し芽の一ヶ月後。
1月14日。 おっ、葉がふえたような。
1/14 挿し芽から一ヶ月後のキリタ・タミアナ

花芽もついちゃったような。
1/14 挿し芽から一ヶ月後に花芽がついたキリタ・タミアナ

やれやれ、ほっ。
このちっちゃい一鉢は、ブログ「marikonSお花畑」のmarikonさんのところにお送りいたしました。
(関連記事:「数の多さに驚き~」

キリタを挿し芽にするには、冬がいいのかもしれないなあ、と思ったりしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: - キリタ・タミアナ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

私、今日眼科へ行こうかと本気で思いました。
お花のお名前が『キリタ・アミナア』に見えてしまいまして、阿弥陀仏的な宗教花?とか思ってしまいました……。
いや、これ本気で思ったんですよ、ボケてないですよ。本気で思ったから問題なのですが(*_*)

お花、綺麗ですねぇ。
真っ白い中に濃い紫、美しいです。
紫大好きな色なので、お写真を見て癒されました(*´ω`*)
有難う御座います(*´ω`*)

サキ | 2017.02.02(Thu) 17:07:08 | URL | EDIT

サキ さんへ

ほんにほんに、なんだか変わった名前ですよね、この花。
私も初めてこの花の名前を見たとき、私のノーミソが勝手に「桐田タミアナ」という名前に変換してしまうもんだから、ずーっと、桐田さんという人が作成した花のように思ってましたもん。
私も眼科にいかなくちゃならんクチかもです。わはは。

サキさんは、紫色がお好きとのこと。それはそれはよかったです(*´ω`*)
この紫色の2本の筋が、なーんかちょっと鼻の下の筋に見えなくもないがなあ、と密かに気になったりしてたもんですから。

ともこ | 2017.02.02(Thu) 19:40:47 | URL | EDIT

ともこさん キリタタミアナの記事を書いて下さっていたのですね。
ありがとうございます。
何かいい鉢ないかなぁと思いながら
ようやく可愛いのを見つけたのでもう少ししたら
植え変えようと考えています。
その頃にはもう根鉢も触って大丈夫かなぁ(・・?
頂いたものは 結構慎重になってしまいます。
大事な大事な一鉢ですし。。。
 私もクリープの蓋を
集めておこうと思いました。

種はいつでも撒いてOKですか。

marikon | 2017.02.03(Fri) 07:42:28 | URL | EDIT

marikon さんへ:きっとだいじょうぶ!

私も、キリタの育て方についてよくは存じ上げないのですが。

植え替えは、私も何度かやっていますが、土は崩さずにそのままにして、大きな鉢に入れるくらいで大丈夫みたいでした。その後は水やりをしすぎないように(土が乾かない程度に)、くらいだったと思います。
植え替えのとき、キリタの根は細かいけどそんなに長いものではなくて、へーって思ったことを覚えています。

また、種まきの時期ですが、セントポーリアなどと同じイワタバコ科のようですので、それに準じて育てるとすると、6月頃なのかなあと思います。種をまいてから発芽までは、長くて一ヶ月くらいだったかと。けっこう時間がかかるみたいです。
あ、あと「種は小さいけど、遠慮せずドバーッとまいてください」と、サルマタさんに教わりました。その中で元気ないい株が育つんだそうです。

クリープの蓋、御利益あるかもでーす♪わはは

ともこ | 2017.02.03(Fri) 17:02:08 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード