園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水耕栽培のレタスが珍しくうまくいってるの巻き

去年の11月27日に種まきしたレタスが2種類。水耕栽培をしています。今までもレタスは何度か挑戦してますが、なにゆえかあまりうまくいかなかったんだなあ、これが。小さい葉のままだったり、とう立ちしたり。

それがそれがこのたびは、珍しくまともそうなのですわ。(撮影:2/7)
レタス2種(ロメインレタスと炒チャオ)の種まきから72日後

黄緑色のが、炒(チャオ)チャオというレタスで、一つの容器に4株はいってます。合計8株あり。

上からのぞくと、きちんと巻かれたフリルができつつあるようです。
レタスの「炒チャオ」。葉の巻き方が美しい。
ほ~、きれい!

ポットごと持ち上げてみたら、ちょろっと根っこがでてました。
容器に直接液肥を入れて水耕栽培中。

栽培容器は、何かが入っていた透明プラスチックの入れ物。このままじゃ藻ができやすかろうと、アルミホイルを巻いて遮光。こんなもんでも役には立っているようで、ここまでは育ちました。

株の横顔も見てみたいので、ポットを持ち上げました。
レタスの「炒チャオ」の一株
茎がカーブして、全体にこんもりしてるよ。なんかちょっといっぱしの「株」って感じ?
このレタス、さわると堅いんです。ふにゃふにゃタイプじゃないのだな。パリッとしてる。いいですねえ、好みですぞ。


一方、緑色の濃い縦長のレタスは、ロメインレタスという種類だそうで、商品名が「ロマリア」だそうな。

横から見ると、小松菜っぽいかも。水切り網と桶のセット(100均屋さんでの調達品)で栽培中。
ロメインレタスの「ロマリア」。水切りかごで水耕栽培中。

これまた、ずずーっとポットごと持ち上げてみた。
直径9センチのポットに1株のレタス。
ほんに縦長だあ。こちらも根っこはみ出してるね。

これだけ大きくなったら、もう外側の葉をつんで収穫してもいいように思うのだが、このたびは、じっと我慢。きゅっと巻いたレタスを育ててみたいんであります。
それには、直径9センチのこのポットじゃ小さいんだろうか。大きなポットに植え替えた方がしっかりするような気もするんだがどうだろう。液肥の補充が追いつかなくなりそうでもあるので、ペットボトルに植え替えねばならんかもしれん。
うーん、これまた一仕事だわい。

ま、ともあれ、今のところすくすく成長と喜んでおるわけですが、ピーッピーッ、暗雲立ちこめる事態発生。

このかぎ裂きのような傷跡は、いったい…。
ヒヨドリのおかずにされた形跡

おそらく犯人はヒヨドリですな。
レタスは昼間ベランダにおき、夜は寒いだろうからと室内にとりこんでいます。
その昼の間、パクパクおかずにされたんでしょう。
以前はブロッコリーが狙われましたが、ネットをかぶせたので食べられんとなると、イチゴを狙い、イチゴにもネットをかぶせたら、お次はこのレタスがターゲットにされたらしい。

はい、そこでレタスにもネットで防止。これでどうだ!
ネットの中に挟んでヒヨドリから守る作戦

これだけネットでおおってやったら、ベランダにはもうたぶん何も食べたいものは残ってないだろう、と思うのに、朝、最初に窓ガラスを開けるとほぼ決まって「ヒヨ~」って鳴いて、飛び立って行くやつがおるんですわ。鳴くだけで、なにもついばんだ形跡はないのだけれど。
なんかどうも、「あ、おばちゃん出てきたで~」、「また遊びにきたるわ~」とかのたもうてる気がする。日々偵察にぬかりないヒヨドリ。むむぅ、油断ならんわい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

関連記事

| レタス | 16:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わー凄い!
立派にお育ちになっておりますなぁ。
これは収穫が楽しみですね(*´ω`*)
私も負けずに育てるぞー!

| サキ | 2017/02/07 19:18 | URL |

いい育ち具合ですね~
もう少し大きなポットや鉢には植え替えない!?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/02/07 22:12 | URL | ≫ EDIT

サキ さんへ

な、なんかどうもありがとうございます。

それにしても、いつになくちょっとましな姿なのはなんでだろうと思ってしまいます。
2種類とも初めて栽培する品種ですが、たぶん、よりいっそう水耕栽培向きだったのかもしれません。

失敗していた頃と栽培の方法を変えたところは、お茶パックではなくポットにしたことです。
水耕の場合、培養土の量は少なくていいみたいに思ってたんですけど、このたびはだいぶ盛りました。株がぐらつかないようにしたかったのと、なんとなく培養土が多いと根が張って上の葉もよく育つような気がしたのです。
バーミキュライトをだいぶ使ったので、もったいない感じですが。

うちでは1つの容器にいくつも植えてしまってる大部屋育ちですが、サキさんは、レタスをペットボトルに1株ずつ丁寧に植えていらっしゃるのを拝見し、そうか、ちゃんと個室を用意してやらにゃあと、思ったしだいです。
冬のレタス栽培、なかなか楽しいです♪ ご一緒にエイエイオー、ざます。

| ともこ | 2017/02/08 16:48 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

kasugai90さん、お教えいただきありがとうございます。
さっそく大きいポットに植え替えました。
今までのポットがだいぶ小さかったようで、根がとぐろ巻きになってました。いかんなあ、です。
おかげさまで、鉢が大きいと株もぐらつかず、いい感じです。今までは、ころんころん倒れてましたから。

また、水切りかごに入れるポットの数をへらしてみました。風通しがよくなって、アブラムシの数もへったみたいです。
イエ~イです。

| ともこ | 2017/02/08 19:09 | URL | ≫ EDIT

連コメ失礼しますです。
な、なんかどもらせてしまってすみません(>_<)

私もお茶パックで栽培しているレタスありますですよ。今は私の部屋ではなく、リビングに移動しましたが。
お茶パックで栽培している方は、お茶パックの下に高めに切ったスポンジを隅に2つ入れて1㎝程の空間を作り、根を伸ばせる様にしておりました。台をスポンジにしたのはスポンジにも根を伸ばせる為です。
この方法でやってらしたらすみません、とんだお節介ですね(*_*)

あ、後ですね、ブログをご覧頂ければ一目瞭然だと思いますが、ペットボトルにいるレタス君は、水耕栽培容器に空きがなく、仕方無く居座っているだけなんで御座います……。
それでも確り呼吸をして育っているので、容器が空いてもそのまま放置してますです、はい。

そんでもってバーミキュライトですが、私は徒長隠蔽と根っ子飛び出し隠蔽をする可能性も兼ねて、そんなに入れておりません。ポット6分目位迄です。
しかもポットサイズ、直径6㎝。ともこさんのレタスさん達よりも大変窮屈かと……。

より詳しくお返事を下さいましたので、ワタクシも、と思い書かせて頂きました。
ご迷惑でしたら削除して下さいませm(__)m

| サキ | 2017/02/08 19:41 | URL |

サキ さんへ:詳細なお返事、うれしいです。

わーお、アイデア満載のコメントをいただき、ありがとうございます。
「お茶パックの下にスポンジをおく」作戦、いいですねえ、これ。さっそくやってみます。

あはは、サキさんのところのペットボトル御殿にいらっしゃるレタスはそのようないきさつでしたか。
みんなみんなすくすく成長しておいでってことで、なによりであります。
あまった株をどうしよう、なーんて悩ましいけど、おかげさんで新しいアイデアが浮かんじゃうのかもしれませんね。

えーっ、なんとサキさんとこ、ポットサイズ6㎝。驚異の省エネ作戦に感動です! いいな、いいな。
当方のレタスときたら、一個どんだけむだに高価なレタスになるんだか…|||(-_-;)|||

ううぅ、バーミキュライト、洗ってもう一回使おうかしら(;^◇^;)ゝ

| ともこ | 2017/02/09 16:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1340-33f3b477

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT