アシタバの葉の収穫位置

2017.02.19 16:22 | EDIT

アシタバ(明日葉)の暴走が止まらない。なにが暴走かともうしますと、葉っぱの広げ方である。

2月4日。
横広がりに広がるアシタバの葉
どうして横にばっかり広がるかなあ。上に高く伸ばしていただければ、場所をとらずにすむってもんなんですがねえ。ぶつぶつぶつ…。

ま、とにかく収穫できそうな新しい葉がでてきましたので、いただくことにしましょうかね。

ほんとはね、左の一番新しい葉が柔らかくて美味しそうな感じがするんですよ。でも、その新品の葉を食べてしまったら、もう新しい葉が出てこないんじゃないかと思って、2番目に新しい葉(右側の指さしてるとこ)をつむことにしました。
2/4 指さしてる葉を収穫した

ほう、まあまあ柔らかそうだけど…。
2/4 収穫したアシタバ

それがその、そうでもなかったです。やっぱり固くてちょい苦すぎました。うーん、「2番目に柔らかい葉を収穫する」という方法はどうもよろしくないみたい。

2月18日。よし、今度の収穫は違った場所をためしてみよう。

まず、この茎にできている出っ張りに注目。
2/18 アシタバの葉を切り取る場所は出っ張りの上

この出っ張りはいずれ、こんなふうに新しい芽がでてくるところと思われます。(これは大分前、1/15の撮影です。)
1/15 アシタバの新しい芽がでようとしているところ。

そこでこのたび、この出っ張り地点をさけ、これより少し上の方を切り取ってみよってわけです。
これなら、新芽になるところは残しているのだから、いいよね。

やっと一番若い葉を収穫できましたあ!
2/18 収穫したアシタバの葉。これは美味しい!

これもう、文句なく旨し旨し。味噌汁にいれてほんの数秒だけ煮る。ちょいにがのオトナ味よ。
というわけでして、これからは、「新しい葉の茎にできた出っ張りよりちょっと上で収穫」作戦でいけそうですわい、ワイワイワイ♪

ところで、このアシタバは水耕栽培です。いつもの水耕栽培ですと、コップ位のおおきさの網に植えるんだけど、このたびはザルにわりとたくさんバーミキュライトを敷き詰めたところに植えました。
ザルで水耕栽培のアシタバ

といいますのも、「アシタバの根は太くて頑丈だ」というような記事をどっかで読んだもんですから、茎や根が広がりやすい安定した感じになるかなあと思ってこうしてザルにしてみたのですが、どんなもんでしょうかねえ。

ただし、ザルの裏側には、液肥がバーミキュライトによくしみこむようにするためのフェルト布などを取り付けていません。

ザルからは根がでているだけです。
ザルから出ているアシタバの根
理由は、あの、その、めんどくさくてやめちゃったんでありました。
まったくもう、こーんないいかげんな栽培です。

ただし、このままではバーミキュライトが乾いてしまうことが多いので、ときどき液肥をバーミキュライトに直接ぶっかけたりしてます。
これでバーミキュライトにふれている根の乾燥が少しは防げるかなあ、と思って。ほんに横着栽培なんだからあ。

ところで、根元のところになにやらみょうな突起があるんでございますよ。
おや、茎の根元になにやら新しい突起がでておる。

なんだろなあ。反対側からものぞいてみました。
近づいてみると、新芽らしき風情
は、はーん、脇目を出そうっておもむきですかい。

大きくなっていただくのはけっこうなんですが、横に広がって、しかもイナバウワーみたいに鉢の底へ向かって反り返るのは勘弁していただきたい。
2/18 横広がりのままのアシタバの葉

仕方がないから、鉢底の下にまた鉢を置いて高さを作ってしのいでるような案配なんです。それでも横はばったいからそばに他の植物を並べることもできかねる。
いっそ盆栽みたいに、添え木の強制ギブスをはめてやろうかしらとまじで考えておるしだい。アシタバ、恐るべし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 葉菜類 - アシタバ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

確かアシタカ様も、この様な勇ましいポーズをとっておられませんでしたっけ?
きっとその格好良さを真似たかったんですよ。

そして「収穫場所は此処だよ」と教えてくれるアシタカ様、何処までの優しく器の広い御方ですね。
そりゃあサンも惚れるって話ですよ。
頻繁に森に行ってはイチャコラしてるんですもの。
……何の話をしていたんでしたっけ?

兎に角、アシタバの美味しい箇所を発見出来て良かったですね!
大人風味のスープ、私も飲んでみたいなぁ。

サキ | 2017.02.19(Sun) 18:29:01 | URL | EDIT

こうした葉が横に広がってしまう鉢物。
狭いベランダでは、ちょっと困りますよね~
菊で使うリングなどをはめて、広がらないようにしてしまう!?

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.02.19(Sun) 20:54:43 | URL | EDIT

サキ さんへ

ぶはははは。サキ様の御心は、アシタカ様方面に飛んでいかれましたな。
なるほど、勇ましいところなんざアシタカ様とそっくりですね。

アシタバは育て方がどうもむずかしくて困惑ばかり。ポイポイしてしまおうかと思うこと多々ありです。
とはいえ、たしか300円/株も投資して苗を買ったもんですから、どうにかしてわが家流に慣らしていこうと奮闘中でございまして。

それでもおかげさんで葉の摘み取り方を覚えることができたので、ちょっとばかり進歩です。

アシタバのお味。サキさんのお好みに合うといいなあと思ってます。
なにせ、ちょい苦いですし、クセがありますし。
伊豆大島に住んでいたとき、小さな子どもたちが、アシタバの入ったお汁を美味しそうに残さず飲み干しているのをみて、これはぜひ、私も好きになりたい、食べず嫌いになったらもったいないかもと思ったのでした。
また、そのお子たちは、白いご飯は残すこともあるのに、クサヤを焼いてほぐして混ぜたご飯はパクパクお召し上がりでした。
美味しさって、慣れるとみつけることができるのかなあ、と思ったりしております。

ともこ | 2017.02.20(Mon) 16:04:50 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

リング!それ、いいかもです。
この悩ましき枝振りも一挙解決かも。ホームセンターに行って探してみますね。
それまではとりあえず、支柱を立ててひもで固定してみることにいたします。ありがとうございます!

ともこ | 2017.02.20(Mon) 16:09:03 | URL | EDIT

へぇ、そんなに癖があるのですか。
逆に食べてみたい気もしますが(^^)
苦いのは好きなので、その癖が気になります。
ご近所さんでしたら、アシタバ1枚とワタクシのレタスをタッパー一杯分で交換して頂けたかも……とか思っとります(笑)
ワタクシは八王子市住まいなので、全くご近所ではありませんね(^^;

サキ | 2017.02.20(Mon) 19:47:23 | URL | EDIT

サキ さんへ

苦い食べ物はくるしゅうないだなんて、珍しや。
しかも、なんと「アシタバ1枚とレタスタッパー一杯分」と交換♪ じつにありがたいお話で。
私、わらしべ長者になれそうでございます。わはは。

八王子でしたら、そう遠いわけでもありません。うまい具合にでっかいのが収穫できましたら、郵便でも翌日には届くかもです。
ポストにアシタバが1枚だけ入ってるってしかし、なんか笑っちゃいそうですが(=^‥^A

ともこ | 2017.02.21(Tue) 16:30:48 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード