• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2017/03/10(Fri)

1月に種まきしたトマト:苗らしくなったかな

中玉トマトのMr.浅野のけっさくです。だいぶ苗らしくなってきました。種まきから46日経過。(撮影:3/7)
3/7 Mr.浅野のけっさく
あれま、脇芽ができておる。

いかんいかん、つまんでしまいましょう。
脇芽ができてました。

それから3日後。さしてちがいはないだろうけど、こころもち株が大きくなったような?
3/10 あらま、一段と大きくなったようなのMr.浅野のけっさく
この2株はともに、ゴミ箱容器を使った水耕栽培です。

一方、こちらは同じくMr.浅野のけっさくですが、エアレーション(ホームハイポニカぷくぷく)使用。
エアレーションのぷくぷく使用、Mr.浅野のけっさく。
かような高級ベッドでお育ちにもかかわらず、なぜか小ぶりな株に育っております。とはいえ、茎や葉の色はエアレーションなしよりも濃い色あいなので、案外がっちり育っているのかもしれません。

そしてこちら。同じ日に種まきしたミニトマトのブラッディータイガー。緑と茶のしましま柄になるそうな。
ブラッディー・タイガー(ミニトマト)の株
3株ともゴミ箱容器の水耕栽培。浅野さんよりだいぶゆっくりな生長のようです。

ところで、トマトの水耕栽培ではこのたび、ちょっとだけ工夫してみました。
穴鉢(あなばち)という穴のあいた鉢を使っているんですが、その穴を大きくしたのです。
穴鉢の一部を切り取って、根が出る部分を増やしてみた

黒い縦の線になっているところを1本おきに合計4本切り取ったので、根が出やすくなるんじゃないかと思うのですが、どんなもんでしょうか。まあその分穴鉢の強度は落ちるかもしれんのだけど。
なにしろトマトやナスときたらものすごく根が張るもんだから、この穴鉢がパッツンパッツンになって割れんばかり。それなら最初から鉢の穴を広くしておこうってわけです。

でもなんか今見ると、まだ穴が小さいような気がしてきました。もうあと1本ずつ切り取ってしまったほうがいいかもしれません。
穴鉢の材質はプラスチックのようですが、キッチンばさみで切ることができました。案外かんたーん。
こうやって調子にのって切ってたら、穴鉢の底がぬけ、苗がスポッと抜け落ち、一巻の終わりだったりして…。うっ。

ところで、思いっきり生長がゆっくり組なのが、このナス(水ナス)とトウガラシ(甘とう美人)。いやもうなんちゅうか、かんちゅうか…。
水ナスと甘とう美人
トマトと同じ日に種まきしたとは思えませんわなあ。一応本葉がでてますけどもぉ。

こうも小さいとベランダに出すべきかどうか悩ましい。しかし、ビシバシ鍛えたほうが丈夫になるだろと(予想し)、日中はトマトと一緒にベランダへ。なんだかまるで、「ウサギ跳び10周してこーいっ!!」とかいう、某体育会系みたいですが。
まあ痛んでいるふうでもなし。気長にまつことにいたしましょ。

【おまけ】
ちょいと野暮用で岩手県盛岡市に行ってまいりました。帰りに盛岡駅にてお弁当を買いましたんですが、なんとお弁当を新聞紙でくるんで売ってたんです。現物写真はとりそこなったので、右上の図をごらんあれ。こんな感じで包んであったんです。
「にぐさがな弁当」。その中身が新聞の記事。

最初この新聞包みを見たとき、だれかさんの忘れ物かいなと思いましたがな。
しかし、きれいに包装された普通のお弁当の隣にこの新聞にくるんだ包みもうずたかく積んであったので、これはまさしくお弁当であると認めざるをえませんでした。

しかも、お弁当のタイトルが『にぐさがな弁当』。
濁点付き。なまってます。書き間違いではないようです。
にぐさがな弁当の包み紙=新聞紙

おもしろいなあ。こんな変わったお弁当をお求めになるのは、いったいどんなお客さんなんでしょう。

あ、きっと新聞紙でお弁当を包んだ暮らし(お手洗いの紙でもある)に思い当たる人々かも。
それか、「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく」てなお気持ちで、故郷に思いをはせる人々かも。
でも案外、新聞紙活用世代でもなく、故郷ではない方も、退屈しのぎにもなりそうな読み物付きお弁当としてお買い求めになるのかもしれない、と思ったり。

なお、製造者は、(有)幸福の寿し本舗。青森市油川柳川92-6とあり。へー、盛岡駅で青森市の弁当を販売しているんでしたか。お値段、1300円。お味は…、食べてのお楽しみってことで。
にぐさがな弁当の内容

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : トマト |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • トマト、順調ですね~

    岩手県の駅弁なのに、青森県産の食材を使っている。
    福島県や岩手県の物は、未だに放射能の影響があると思われているから?

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    トマトは珍しくおかげさんで元気です。去年は小さい苗のときからうどんこ病になり、大きくなってもそのまま引きずってましたので、だいぶ心配しました。なにがどうなって良いのかよろしくないのか、わからんもんだなあ、と思っております。

    駅弁、ほんとなんだか不思議ですね。にぐさがな弁当は、大宮駅や東京駅でも販売されているみたいです。
    風評被害の影響じゃなければいいがなあ、と願っております。

Home Home | Top Top